菊の先生   

2013年 01月 30日

大変お世話になった菊の先生が旅だたれた。

先週出会ったところだった。いつものにこやかな顔を見せていただいたのに。
日曜日には中丹文化会館の映画会に御夫婦で行かれ御自宅のお風呂で、眠るように亡くなられたとか。斎場の駐車場からご一緒した四方さんにお聞きした。
f0111128_2345319.jpg

思えば、家内も私も二人とも大変お世話になった。家人は、昭和61年当時、京都国体準備室で会場に飾る菊の栽培に関して、先生に大変ご協力いただいた。私は、その後平成5年。みどり公社で、菊花展を初めて開催した時以来今日まで菊栽培の普及に大変お世話になった。

嵯峨菊の若松町の西岡さん。盆栽菊の綾中の出口さん、懸崖菊は豊里町の大槻さん。それぞれ菊栽培の専門家。西村先生は皆さんを上手く束ねて菊花展を開催していただいた。皆さんお亡くなりになられた。きっと菊談義を4人で始めておられることだろう。心から感謝申し上げます。安らかにお休みください。
f0111128_2346753.jpg

午後2時 斎場は先生の御遺徳を偲ぶ方々で一杯だった。皆さんに見送られて天国へ旅立たれた。先生の笑顔は何時までも記憶に残っています。ありがとうございました。

斎場の待合室にテレビが設置され、たくさんの参列者にはとても重宝する。聞けばどなたかのご寄付によってもう少し大きい画面のテレビが設置される予定だとも。
昔は、同所には火葬場があったが老朽化した際に、田野町の皆さんの特別のご協力によって同じ場所に斎場が建設された。
f0111128_23215318.jpg

当時は(今でも)とても立派な施設。少し手狭にはなったが、依然として、素晴らしいロビーや庭、円形の斎場など当時の谷口市長のこだわりだったのかも。

午前中は、市役所でクリーニング事業協同組合で消防団後輩のSさん(歳は先輩)にクリーニング業界の現状をお聞かせいただいた。御心配もあるようで今後相談に乗っていきたい。その他、上水道量水器使用料のことや行政全般のことで意見拝聴をした。

また、綾部地区の自治会長さんが、設置場所で戸惑っておられる緊急時デジタル無線受信機の現物を市役所で見せていただいた。また、デジタル緊急放送機器もまだ調整中だったが見せていただいた。
f0111128_23222091.jpg

無線放送がどんな情報が流されるのか早く確立して、一番有効な設置場所を確定することや、デジタル受信放送施設(子機)の計画的な増設を図らねばならないと思う。綾部地区では、市民センターと宮代コミセン、健康福祉センターの3か所とか。田野や上野方面は聞こえないと思う。せめて、綾部地区には20本程度は建てねば。
f0111128_23224651.jpg

集落では、オフトーク通信に代わるエリアトークも整備される計画で情報の多重化は良いが、システムの役割も明確化して有効に機能する必要もあろう。ま~B787でも不具合を修正しながら完成されたモノができればよいと思う。(B787は、大変な危険を伴うので、それなら、完全を期して運航してほしかったが。)

今日は、朝から、PM2.5?だったかな?中国から毒性の強い微粒子が飛来しており、山がぼんやりと曇っていた。ウオーキングしておられる方も良く承知して今日は皆さんマスクされていた。
昨日に家庭菜園のキウイの棚の剪定を済ませておいてよかった。
f0111128_2323682.jpg

写真は選定前の畑。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-01-30 23:25 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/18509249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 段取り八分 お不動さん >>