老いと理想   

2013年 01月 24日

1月23日(水)
今日のように寒空もあるけれど、日差しや肌に触る風に春を感じるようになってきた。子どもたちも、元気に登校する。年寄りの見守り隊の合言葉は、「寒いな~」

今朝は、午前中、平成25・26年度の自治会長の選出に関する信任投票の用紙や、封筒、組長さんへの説明文書を作成。450枚の信任投票用紙を作成。選考委員長の印鑑を押印しなければならない。手のひらが痛くなった。1月末から2月中旬までに組長にお世話になって信任投票を実施しなければならない。

家人が前日から風邪で寝込んでしまった。食事の用意は私の仕事。と言っても大したことができるわけではない。業務スーパーで、お粥のパックや果物、サバの塩焼き等を買いに行く。昼間の買い物は 恥ずかしい。

少し早い食事をして下八田町にある葬儀場へ。家人の実家のSさんの奥さんが74歳の若さでお亡くなりになられ、葬式に参列。ご主人には、みどり公社で、円山古墳公園の管理をお世話になった。みどり公社の元職員さんも参列されていた。奥さんは、60歳からヘルパーの免許をとられて、数年前まで訪問介護をされていた。元気な方で、私の選挙の時にも訪問介護先でお出会いし激励された。

年齢だって、私の一回り上。まだまだ元気で頑張れたのに。病魔は残酷だ。

ここ数日。年齢的にも私と近い方が亡くなられる。まだまだと思っているのは自分だけなのか。もうそんな年なのかもしれないな~と思う。

日めくりカレンダーを繰っていたら、
「年を重ねただけでは人は老いない 理想を失う時に初めて老いが来る(サミエル・ウルマン)と書いてある。

まだまだ老いないぞ~。

夕方。創政会会報の最終校正原稿が届いた。良く仕上がっている。最終校正をして、明日入校することに。

午後7時半からは、自治会役員会。いよいよ年度末が近付いてきたな~。新年度予算案や、本年度予算で未執行の案件についてどうするか協議する。また、役員交代の時期なので悩む時期だ。

午後9時会議は終了。帰宅。

青野町の水田の件で電話あり。
綾部高校の研修水田にと協力を申し出てくれていた上町のT・Mさんから、綾部高校が借りてくれることとなった。とお礼の電話。耕作放棄地になるよりは、高校の農業科の授業の役に立ってくれる方が良い。他の農業者と仲良くして共同施設の管理もしていただき実習水田としての事業効果を上げてほしい。
[PR]

by ando-ayabe | 2013-01-24 15:46 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/18396043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 寒雀 大寒 >>