あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

消防出初式・成人式

1月13日(日)
前日のかるた会に続いて新年行事の一つ。綾部市消防出初式が挙行された。

午前7時50分からは、綾部分団の出初式が綾部小学校体育館で開催され、消防分団の1年が始まった。
市の消防出初式では、表彰状伝達式の短縮化のため、以前から分団出初のときに伝達が行われる。
今年も同様に伝達が行われ、27名の団員さんが、受賞された。それぞれ、仕事を持ちながら、地域防災のため、活動を続けていただいている。住民の安全は彼らの手で守られていることを市民はもっと認識し、自分たちでできることは自分たちでする、「自助」の意識も盛り上げねばならない。

新入団員も7名が新たに活動に参加してもらえることとなった。しかし退団者は11名あり、綾部地区でも団員不足は深刻になりつつある。対象者はいるが、なかなか協力してもらえないのが現状だ。
f0111128_11572166.jpg

午前9時半からは、綾部市民センターで、綾部市全体の消防出初式が開催された。
f0111128_11574469.jpg

綾部市長表彰には綾部分団の竹本機械部長が代表受賞。竹本部長は、勤務の都合で一旦退団されていたが数年前に再入団された。素晴らしい敬礼。「凛」とした「侍」のよう。
f0111128_1202527.jpg

いつもは、他の用事が重なり市の消防出初式の儀式放水が見られないが、今年は儀式放水もパレードにも参加できた。
f0111128_1204650.jpg

パレードは、西町商店街で、今年は参観者が多いと近くの商店主さんが話しておられた。パレードも色々工夫されている。子ども綾部太鼓演奏デスタート。少年少女消防クラブや婦人消防隊など地域皆で防災意識を盛り上げようとする体制もできて、消防防災活動にも厚みが出てきたな~と思う。
f0111128_121932.jpg

議会では総務委員会で、埼玉県川越市の女性消防団を視察に行き消防関係の質問で婦人消防隊や消防協力事業所に関して質問させていただいた。色々な制度が動き出したと感慨深いものがある。
f0111128_1215030.jpg

議会での質問を生かして市長以下執行部が努力してくれた賜物だ。
f0111128_122793.jpg

次の課題は、どこの分団も団員不足に悩んでおられる。もっと市民の側の協力が必要で、協力が無ければ、地域防災は維持できないと心配している。「共助」を進める地域の力をどう育成するのか。
f0111128_1223657.jpg

パレードを見ていた商店主が、「この際、安倍さんに頼んで、自衛隊への2年間の徴兵制度ではなく、消防団へ最低2年間強制入団制度を作るべきだ。もちろん2年間は一定額の所得の保障もする。そんな制度を作って、市民の地域や故郷、国を愛する制度を作るべきではないか」と提案を受けた。
f0111128_1232743.jpg

徴兵制度ならぬ「徴団員制度」か。一市でできることではない。しかし真剣に考える時期に来ていると思う。このままでは、誰かに負担がかかるばかり。消防団に入ってメリットがあると言うことも考えねばならない。例えば、。団員になったら、一定額(今以上)の報酬が支給されるとか。税金が軽減されるとか。

午後は成人式に出席。今年の子どもたちはおとなしい。かっこ付けている茶髪の僕ちゃんもいたけれど総じて人の話も聞いていた。
f0111128_1234731.jpg

「綾部太鼓連合会の親鼓人」の太鼓演奏も素晴らしかった。力強い演奏で、気持ちが伝わったように思う。
f0111128_1242638.jpg

小川君と荒木さんの二十のメッセージもなかなか良い話だった。小川君は、18歳から消防署勤務。ひとの生き死にを見て来て、命の大切さが今さらに判った。交通事故などに気をつけて、自分の命を大切にしよう。都のメッセージ。荒木さんは、育った綾部で、教師になりたい。との思い。シッカリとしたメッセージだったように思う。厳しい社会の中で、シッカリと自立して育っていってほしいと思う。

席に座っていると家人のお茶を習いにきている娘さんが2人ご挨拶に来た。最初誰だかわからず戸惑ってしまった。かんなちゃんも若林さんも大きくなったもんだ。二十歳か~。
f0111128_124862.jpg

物部小学校の児童による2分の一成人からのメッセージを聞いて午後2時過ぎ帰宅。

午後4時からは、消防団綾部分団第2部の新年会に参加させてもらった。団員さんんの若い乗りに参加させてもらい楽しかった。地域の自治会長さんもほとんど出席してもらえるようになった。私が議員になった頃は、11自治会のうち2自治会くらいしか参加してもらえなかったが、年々参加が増え、今年は7つの自治会長さんが参加。

 出来るだけ自治会長さんも参加して日ごろの消防活動の労をねぎらってあげてほしい。自治会から出ている消防団員さんにとっては心強いことだと思う。自分が地域防災を担っている責任感は強くなる。
 私も最初は先輩消防団員としての押し掛け参加だったが、数年前からは、ご案内も届くようになった。さまざまなご意見を聞くことができてありがたいこと。

「綾部消防団第2部OB会」も作ろうと盛り上がった。一昨年の詰め所新設のときには、班長以上のOB会員に寄付を募って冷暖房や冷蔵庫などを寄付した。OBも消防に関心を寄せていくことは地域防災をみんなで果たしていくことにつながる。

2次会まで参加して午後8時過ぎ由良自治会長と一緒に帰る。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/18345708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2013-01-14 12:06 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)