決算審査始る   

2012年 10月 02日

19月2日(火)
忙しい日に限って義務感がふつふつと。

朝7時半。いつもの青野町交差点で、子どもの見おくり。今日に限って、マサシーが、「う~む。憲法改正はいかんやろ~」と食い下がる。

帰宅して、ゴミだし。自分の朝食作り食べる。忙しい日に限って、野菜をとらねば。とか、変な意地が。小松菜をゆでてマヨネーズで。
午前8時45分出発。9時前に教育委員会事務局へ。ライオンズクラブ原田幹事と学校教育課長と参事に面会。、ライオンズクエストプログラム「思春期のライフスキル教育」プログラムの受講案内。小中学校の先生4人のご推薦をお願いした。経費はライオンズが負担する。青少年健全育成のための先生に対する研修支援事業。
f0111128_2131514.jpg

午前9時15分。会派の部屋へ。9時半から決算審査委員会。午前10時から30分間。退席させていただき市長室へ。議会基本条例の執行部の議会本会議・委員会での所謂「反問権」について、議会運営委員会の協議結果を説明。9月議会で条例改正し、12月議会から、実施することを確認。

色々詳細の課題点はあるものの、良識の府として、議論・論点の明確化を図り、2元代表制としての議会と執行部の関係を明確にして議会での議論の充実に当たることを確認する。

9時半からは、再び決算委員会で質疑。主に新規施策に関する当初予算と決算数値とのかい離に関して、経過と結果に関して質問を集中している。

何故?予選を審査し議決している議会。しかし、その結果決算が予算と異なっていたり、予選説明時の効果をあげられなかったりするのは、予算議案の最終決定した議会の責任もある。

予算説明を受け、これならできるだろうと、議決する。ところが、大きく不用額を出したり、補正予算で減額修正したり、決算で不用額を大きく出すようでは、予算審査はどうだったのかと言うことになる。
議決責任の一端として、事業の経過・実績・効果・今後の展開に対する質問を職員さんにしている。

午後3時まで総務費。午後3時15分から民生費に入り午後4時40分、第1日目の質疑を終了。明日も引き続き、民生費の質問から。

午後5時から京綾部ホテルであやべ太陽の会の役員総会の内容を協議。午後7時終了。帰宅。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-10-02 20:54 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/18027035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 熱心さ 十六夜 >>