後始末   

2012年 09月 24日

9月23日(日)
朝から胃が痛い。そうか、前日痛飲し帰宅。倒れるように眠りこんだんだ。

普通なら、朝食を抜くが、なんだか、歳をとる毎に、翌日も普通に食べることができるようになった。脳が鈍感になったのか、肝臓がマヒしているのか。

で、朝から、前日開催の同窓会の後始末。ホテルから電話が。「女性のトイレに、記念写真や式次第が入った封筒を忘れた方がいるようです」。はたまた、同級生からは電話で「だれそれの封筒を預かっている。」「だれ君には写真が渡っていない。」「途中で帰った人に記念写真を送って欲しい」などなど。

前日ホテルで使った、ギターやパソコン、書類箱などを倉垣君宅へとりに行き、その足で京綾部ホテルへ。トイレの忘れ物を頂戴に。もうホテルでは次のパーティが。綾部中学校卒業生の喜寿の記念同窓会が始まろうとしていた。

 綾部に京綾部ホテルがあって本当に助かる。スタッフも親切で、嫌な顔一つせず対応してくれる。地域に根差したホテルとして今後も存続をしてほしい。

昼過ぎには、仁田実行委員長夫妻が我が家へ。今後のことについて相談。

メッセージをくれた欠席者への資料送付や来賓の恩師への礼状、実行委員会の反省会の会場手配、日程調整など終日後始末に追われた。

いつの間にか胃痛はおさまっていた。

夕方、家人と「集蔵」の「パロディ木彫展」へ。面白いパロディの木彫がたくさん展示してあった。沢山の来場者でにぎわっていた。

午後5時。家庭菜園へ行き、ブロッコリーの苗を定植。自宅前の堤防の除草。雨の合間に良きことができた。

夕方、同窓生のクラスメイトからショートメール

「ありがとう。楽しかった」と
[PR]

by ando-ayabe | 2012-09-24 13:57 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/17999050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 本会議議決 同級生 >>