感謝の日   

2012年 09月 17日

9月17日(月)
朝から、これが秋かと思わせる暑さ。台風の影響で、風もきつい。朝食を済ませて公会堂へ。敬老記念品の仕訳・組分け作業。青野町内の70歳以上の高齢者は199人。80歳記念者は7名、80歳以上が86名、85歳以上は40人88歳は3名
f0111128_23232533.jpg

9時半までにおおむね完了。帰宅しスーツに着替え、中丹文化会館へ。
綾部地区敬老会、今年は約700名の参加で、会場はほぼ満席。四方諭副連長の開会宣言。安積連長の主催者ごあいさつ。市長・知事(代理)の祝辞のあと、子どもたちの敬老の合唱や演技披露。綾部幼稚園児の良さ来いソーラン踊りはかわいかった。綾部小学校3年生のディコーダー演奏も素晴らしかった。市長のごあいさつで、白寿(99歳)以上のお年寄りの数は、59人で、うち女性が51人とか。女性は強い。

午後は、八幡神社のお田植式の再演。狂言風でとても面白い。その他演舞や民謡、三味線などアトラクションがあって、閉会は午後3時半ごろでは?と言うのも、私は、各組長さんに連絡して、午前中に仕分けした記念品を各組ごとに配布しなければならない。ので、午後2時に公会堂へ戻ったもので、終了時間が分からない。どうも世話役さんからの連絡では、青野への帰着は4時過ぎだったとか。

お田植祭は故郷芸能になるかも
f0111128_23234512.jpg


私の方は、午後3時から4時過ぎには組長さんに公会堂まで取りに来ていただき、スムーズに敬老記念品の配布ができた。大きな自治会なので、対象者も200人と大変。組長様お世話になりました。

午後5時からは、公会堂で、民生委員さんと自治会役員で、敬老会の御苦労さん会。お疲れ様でした。
午後6時過ぎに帰宅してひと休み。電話で同窓会の準備。配席関係の調整。

その後、あんどう新聞を印刷。中丹文化会館で川糸町の後援会事務局長が、町内にあんどう新聞を配布くださるとのこと。『畑会』の段取りなど、いろいろご配慮いただいている。感謝申し上げます。
中丹文化会館の会場では、各地区の方々から、要望を聞いたり、提案を受けたり。お礼のご挨拶をいただいたり、綾部地区という大きな地区。大仏さんの手のひらの上で一匹の蟻が動いているようなもの。ありがとうございます。

あんどう新聞9月号は先々週に配布済み。
f0111128_23223923.jpg

10月号を印刷。近日中に配布しなきゃー。
f0111128_2323095.jpg

[PR]

by ando-ayabe | 2012-09-17 23:49 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/17977649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 委員会議案審議 同窓会まで1週間 >>