同窓会まで1週間   

2012年 09月 16日

6月16日(土)
午前10時から京 綾部ホテルで『綾部高校昭和45年卒業還暦同窓会』の最終準備を仁田君と倉垣君の3人で。
100人が参加してくれることになった。中には、高校卒業後初めて出会う人も。
とても楽しみだ。ホテルで、当日のビデオの映写状態や名札、記念品のチェック。司会進行の最終確認。

ホテルの西川社長が、ご挨拶、二人を紹介し、そのあと、12月にオープンする温泉施設の工事現場をホテルから説明してくださった。天空温泉になるという。素晴らしい見晴らしになるだろう。綾部の新名所としてみんなに紹介したい。

その後仁田君の奥さんの実家の近くの家で、フォークギターの練習を三人で。同窓会の最後に、ギター演奏をする。40年ぶりのトリオ復活。高校以来の練習だ。「若者たち」と、「今日の日はさようなら」あっという間に昔のトリオ。息もあってうまく歌えそうだ。「ザ・ベイグランツ」というフォークグループで、よく歌ったものだ。

お昼前に帰宅。当日の式次第のホッチキス綴じ100部。午後2時ごろ終了。

市役所の仕事の縦割り主義が問題になるけれど、この間、市の職員さんの、それも3課にまたがる素晴らしい連係プレーを見た。休日で、それぞれ家の用事をしているときに仕事を最優先して難しい緊急対応を数時間で、関係者の調整から業者への調整などまで対応してくれた。

職員の意識の高さを改めて感じた。この連休中も、各地区では敬老会などが開催される。市長はもちろんだが、各部長や担当職員は、それぞれ事務局などで、市民のための仕事を頑張ってもらっている。休日も平日もずっと気を張って市民本位の仕事をしている。

それにしても秋の日の釣瓶落とし。もう6時過ぎには薄暗い。気温は夏だが日差しは秋。種子は日照時間に大きく影響を受ける。秋の播種は1週間遅れると、生育に大きく影響する。遅れまいぞ。遅れまいぞ。

もう長大根も丸大根も蕪も播種は完了。白菜はもう本葉が。しかし温度は夏なので、キャベツの葉がぼろぼろになった。犯人は蝶の幼虫さん。夏野菜も整理が済んだ。秋茄子を収穫。たくさんおいしそうな秋茄子が。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-09-16 17:19 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/17972767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 感謝の日 今こそ宗教家の出番 >>