今こそ宗教家の出番   

2012年 09月 16日

9月16日(土)
・台風の影響か朝からカンカン照りの暑さ。
・午前中暑かったので畑に出かけることができない。
・仕方がないので、HPを修理。
・朝森田修さんが来訪。自治会対抗囲碁大会について用紙を渡す。

・午後録画してあるテレビを見たりゆっくりする。

・午後4時から畑に行く。大根、カブラ、ジャガイモ、を植え付けたり、サツマイモを掘り起こしたり、畝立てをする。暑いことこの上ない。汗が滴り落ちる。

・午後6時帰宅。

・家人と福知山へ行く。ブレザー、替えズボン2着半そでワイシャツ購入。5万円余り。

・藤の実に立ち寄って夕食。天婦羅そば定食とビール。ダイゴヘ立ち寄ってシャンプーを購入。

・のんびりした1日です。市民のための仕事も今日は休み。

・百年1日の政治に限を付けても良いとも。地方経済はじり貧の状態で、市民生活も先の見えない不安感の中で、短期的な喜びを見出すことしかない。

・テレビで、セルフネグレクトと言う言葉を聞いた。ショックだった。しかし、それも将来に希望を見出せない戦後の経済先行の政治がもたらした。結果。

・やはり戦後体制を改め、精神を第一にした国家の柱を作らないと滅亡へと進むのではないか。宗教家は何をしているのだろうか。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-09-16 07:52 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/17971527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 同窓会まで1週間 レベル >>