あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

議会の責務

8月27日(月)
今日も暑いな~。それに土曜日の筋肉痛がまだ残っている。歳をとる毎に筋肉痛の自覚は遅れ、長く続く。
土曜日の炎天下で、ソフトボールのピッチャー。3イニングも投げたら、太ももの内側の筋肉と言うか筋が攣ってしまって、完投ならず。へろへろだった。

今朝は、会派で都市計画マスタープランに関する事業団体との意見交換会。皆さん日頃の思いをお話しいただいた。
昼食は、近くの喫茶店で同僚議員と。その後、一旦帰宅し午後2時過ぎ、28日の議会運営委員会の進行について事務局と事前協議。続いて、会派間会議。

終了は、午後3時半。しまった自動車免許の更新の講習会忘れていた。今更致し方が無い。明日にでも警察へ行き、次の講習会を聞いてこよう。

午後6時 いよいよ9月議会が始まる。議会前にはいつも開いている創政会の『拳固め』へ。意見交換。

8月28日(火)
午前9時議会事務局へ。9時半から9月議会の第1回議会運営委員会。

市長から、次の13件の議案の提案説明を受ける。

議第62号 綾部市中小企業振興条例の一部改正について
議第63号 綾部市防災会議条例の一部改正について
議第64号 綾部市災害対策本部条例の一部改正について
議第65号 平成24年度綾部市一般会計補正予算(第2号)について
議第66号 平成24年度綾部市農林業者労働災害共済会計補正予算(第1号)について
議第67号 平成24年度国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について
議第68号 平成24年度綾部市介護保険特別会計補正予算(第1号)について
議第69号 平成24年度綾部市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について
議第70号 動産の取得について
議第71号 消防救急デジタル無線施設工事請負契約の締結について
議第72号 市道路線の認定について
同第 4号 綾部市教育委員の任命について
同第 5号 綾部市固定資産評価審査委員会委員の選任について

次に、会期を定める。今議会は、平成23年度決算の議案の追加上程が途中で予定されているため、9月4日~10月15日までの42日間と定めた。

同意案件2件に関しては、人事案件なので、議会開会日当日に提案される。また、平成23年度決算議案は、9月13日に上程され、10月2日~11日まで決算審査を開く。

議会基本条例の改正についても、議運委で協議した。今回の議会基本条例の一部改正は、「市長等理事者等答弁者の議会・委員会における議員の質問に対する反問権付与について」
創政会、民政会、新政会は、近隣議会でも反問権は付与されており、反問権付与は問題が無いとの見解だったが、共産党議員団は、市長側には職員も含め莫大な資料をもとに答弁しており、質問者側にはそれだけのデータが無い中で質問している。反問は質問者側に不利だ。などと何点か反論され、課題事項の解決をしてから行うべきで、まだ議論が不十分とのことだった。

「反問権」は、議会での討議議論の論点を明確にするために行うものであって、その旨の反問が本来の趣旨。それに反するなら、議長裁量で、反問を制限することができるとされており、問題ないはずだが。根拠のない質問をしておられるはずもないのに、何を心配しておられるのか理解に苦しむ。

結果、亀岡市も、京丹後市も、南丹市も、木津川市も議会基本条例を制定している府下自治体はすべて反問を与えているのだが、綾部市は、今だ反問権付与が決定できていない。

12月議会には実質的に機能したいので、9月議会中の議論も引き続きできる。じっくりと共産党議員のおっしゃっておられる懸念の払しょくに向け努力したい。市民の代表たる議会で、執行部と議会がシッカリと議論し、熟議の議会を目指したい。

午前10時半に議会運営委員会は終了。午前11時。監理課へ。課題が大きく前進した。市民の不安の払しょくに貢献できたことは、ありがたい。市関係課、府関係機関、府議のご協力、尽力に感謝したい。

午後1時半から 議会全員協議会。議運委と同様議員全員に議案説明。総務部長から。
その後、京都地方税機構議会、京都府後期高齢者広域医療連合議会の審議概要報告。
f0111128_20573995.jpg

綾部市公共下水道の事業計画変更について説明。青野町や田野町など綾部市街地の由良川左岸全域が公共下水道施工区域に編入された。138haが追加される。今後6年かかって整備される計画だが、既に大きく事業は遅れている。我が家も含めて、このエリアが完了するのは、何時になることやら。

市民は、どんどん高齢化し、水洗化への意欲は失なわれつつある。実際、共用区域にあっても、もう高齢化で都会へ出た子どもも帰ってこないとなると、いまさら水洗化してもと水洗化工事を躊躇される家もあると聞く。

今回の追加区域の事業費は38億円。これでもまだ、味方町など由良川右岸市街化区域の公共下水道施工計画の目途は立っていない。財政的にも大変厳しい状況の本市。無理はできない。

市民皆で知恵を出し合って、優先順位の高いものを選択しながら、進めるしか手はない。市民の要望は無限にある。道路整備、公営住宅整備、学校施設の充実、医療制度、福祉施策、子育て施策。産業振興、農地保全、有害鳥獣対策、過疎高齢対策、etc.......

言い放ちの無責任な市政攻撃ではなく、みんなで知恵を出し合う前向きの議論が大切だ。
議会の議論においても同様で、執行部に要求だけするのではなく、どうすれば政策実現できるのか、議会でも財源問題も調査し、執行部に政策提案できる議会になりたい。最終決定権者は議会なのだ。

午後2時から議会各派代表者会議。役員改選の選出方法について会派間協議。

午後3時半 会議は終了。部屋会議。協議内容を報告。

午後4時 今日の仕事を終え帰宅。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/17910982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2012-08-28 20:55 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)