あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

アンネフランク展

6月8日(金)
今朝も子ども見守り隊へ行く。元気に登校する子どもたち、おっちゃんたちにハイタッチしてくれる子、「ウッセー」といって口答えする子。色々だが、元気に大きくなれよと、見守る。
f0111128_0492740.jpg

午前中、第4回西町寄席のチラシチケットが届いた。急いで仕分け作業に入る。
今年も7月7日(土)七夕の宵に、西町アイタウン3番街了円寺庫裏百寿庵で、上方落語会を開催する。
西町の夏の風物詩、土曜夜の市に合わせて、開催する。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。
なお、まだ予定だが、FMいかるや市民新聞にご協力いただき、ペアご招待の申し込みも受け付ける。(こちらは抽選)で、木戸銭は、700円です。当日は、夏の和菓子「水無月」とお抹茶で「お茶席」(200円)も準備している。鬼子母神大祭もあり、安産子育ての神様。境内では、子どものお菓子が600人分も当たる抽選会も準備しています。チケットは、お寺で販売しています。

f0111128_0502299.jpg

午前11時半。里の「清山荘」へ。とてもたくさんの人でにぎわっていた。市内各地から老人会や、グループでグラウンドゴルフに来られたり、囲碁を打つ人、将棋を楽しむ人。卓球場でもご婦人がスポーツを楽しんでおられた。
f0111128_0503683.jpg
グラウンドゴルフ場は、今年度の予算で、敷地内の旧弓道場を廃止し、解体、その後グラウンドゴルフ場に変わる。皆さん待ち望んでおられた。市は、予算を付けたら、待ちに待っている人のことを思い、出来るだけ早く、弓道施設を解体するようお願いしたい。
f0111128_0501098.jpg
f0111128_050538.jpg

浴室のあった場所は、昨年度の予算で、食堂に変わっていた。理事長と、おにぎり定食を頂戴した。400円は、安い。あったかくって軟らかい。お年寄りのことを考えて調理されている。お昼御飯だけでも利用したくなるような施設だ。

日高施設長から色々、話をお聞きした。市が直営で管理していたころは、利用者も1万7千人程度で、減少傾向だったが、NPO法人福祉フロンティアに指定管理者として業務委託して以降、年間7千人も利用者が増加し2万4千人が、清山荘を利用されるようになったとのこと。
 これまで使用されなかったゲートボール場は、お年寄りが自ら整備し、グラウンドゴルフ場となっている。囲碁や将棋の大会もされ、たくさんのお年寄りが、元気に施設を利用しておられた。笑顔と笑い声の絶えない施設となった。

しかし、施設の管理委託料は役所が直営管理していたころと変わらないそうで、利用者が増えれば、電気や水道代も、対応する職員も増加する。12,900千円の委託料をUPしてもよいと思うのだが。法人も財政難で苦しんでおられた。職員さんも安い賃金で半分ボランティアのような活動をしておられたが、それも限界がある。議会でもシッカリと調査して必要なことは提案していく必要がある。と思った。
f0111128_051359.jpg

午後1時。集蔵へ行き、「アンネフランク展」を観る。聖イエス綾部教会の篠田さんが主宰しておられる。
アンネのバラ40周年記念の展覧会で、アンネの生涯やナチスドイツのユダヤ人虐殺のあり様が歴史を追って展示してある。篠田さんから、綾部バラ園開催日時に合わせて、アンネフランク展を開催したいと相談を受けたのが、冬だった。すぐに市役所の文化体育振興課へ連絡しそれから今日まで、準備に準備を重ねられて、ようやく今日の展示会開催に。
f0111128_0511642.jpg
アンネのバラは、アンネの父親、オットーフランクさんと、奈良県の牧師の大槻道子さんとの文通から、アンネの形見のバラの苗木を託され、その苗木は、東八田の山室隆一さん健治さん親子によって、接木され、平和のシンボルとして、日本全土に広がった。
f0111128_0521321.jpg

今、綾部でも、アンネの銅像とともに、綾部駅北側に咲き誇り、そして昨年には、グンゼの広場で、世界連邦のシンボルとともにアンネのバラが咲き誇っている。
f0111128_0521714.jpg

午後1時半から、世界連邦綾部支部の総会があった。事業報告や事業計画の提案があったが、事業計画では工夫をして市民に思想の普及啓発をしようとの努力は認められるが、たとえば、今日のような展覧会の共催をするとか、新らしい、身近な取り組みができていないと思った。
 綾部には、世界連邦思想を受け継ぐ多くの人々がいる。また、宣言自治体に誇りを感じている多くの市民もいる。平和塔にも思い入れのある市民も。綾部市議会でも、世界連邦宣言後61年を経て日本国旗とともに世界連邦旗を議場に常時掲揚した。今日も、アンネフランク展を開催し、平和の尊さを訴え、戦争の悲惨さを訴える取り組みがなされている。
 世連の総会には、連邦旗の掲揚すらなかった。

「平和を実現する人は、幸いである、その人たちは神の子とよばれる」(聖書マタイによる福音書5:9)

形式を整えるよりも目的に向かって小さくても前向きにひたむきな取り組みが期待される。

世界連邦の総会の後は、毎年セットで、市民憲章推進協議会総会へ。総会ながら参加しておられるほとんどの方は、役員さんがほとんどだった。法人・一般会員の名簿が添付されているが、集まりが悪いと思う。この協議会も世界連邦も同様だが、事務局が市役所なので、市役所任せになっているきらいがありはしないか。 
 会長が昨年就任されたときに何とかしたいと、市民憲章文を事業所で朗読されるよう要請したとのことだが。総会は特に意見も出されず終了した。私も会員として参加したが意見は言わなかった。新年度事業計画案を見ても、目新しいものはなく、長年にわたって形骸化してしまっているのかな~とも。
f0111128_053993.jpg

協議会の事業の一つとして、毎年、正月とお盆の藤山祈願祭は参加している。とりわけ夏の平和祈願祭は、綾部混声合唱団が山頂で、市歌と市民の歌、翼を広げてを歌うので、夏の恒例行事だ。私が考えるのに、市民憲章推進協議会は、この2つの行事をもっと工夫して、大々的に取り組んだらよいと思う。
f0111128_813072.jpg
【2010年8月15日の寺山・平和祈願祭。みんな笑顔です】
午後3時半、議会事務局へ行き、11日(月)の議会運営委員会の事前打ち合わせをする。議会事務局と。
4時30分。福知山へ行き、自家用車の6カ月点検を受ける。異常なし。

梅雨入りとか。待望の雨がシッカリと降っている。「慈雨」と言う言葉がふさわしい。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/17636023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2012-06-09 14:12 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)