卒園式

3月23日
やっぱり雨だ。相当強く降っている。午前9時半。綾部幼稚園へ。園児33人が卒園。本当にこの1年間。お兄ちゃんに手を引いてもらって、登校した近所の子どもが、1年で、もう元気いっぱい歌が歌え、お話しができる。子どもの成長は見る見るうちだ。

しかし、来年は園児数が18名になると先生から聞かされた。そして、保育料が上がったことが、園児数減少に影響していると、厳しく指摘を受けた。

12月に聞かされた入園予定者の保護者は「保育園と異なって、保護者(お母さん)は家庭にいることが多い。だから収入が少ないのに、保育園と同じように保育料を上げることはおかしい。」と厳しい意見が出されていたようだ。子育て中の保護者には、相当強い不満があると言う。

綾部小学校の児童数が、この4月には、ついに600人を切って、596人になると、大槻校長が話された。かつて、2000人を超えた時代もあったが。

少子化を止めることができないものか。確かに所得は、かつてほどのことは望むべくもない。夫婦共働きは致し方がない。社会的情勢も男女共同参画によって、職場への女性管理職などの登用もあると、一方で、夫の心の準備ができていない中で、夫婦協働の過程を築かないと、そしてその意識は、男性が理解を示すべきだが。それほどうまくいっていない。

園長先生の話を聞いていて、①幼児園と同じように所得階層別保育料設定の必要性。
②延長保育に配慮ができないか。と言う点。

それでも、施設間競争なのだから、幼稚園のメリットを企画して、保護者に売り込めば良いと思うのだが。
たとえば、小学校の付属幼稚園のようにして、就学前の高度な幼稚園教育が受けられるとか。メリットを生む工夫が必要ではないだろうか。

今日も同様お昼過ぎまで、金融機関を回って、担当している3つの会計処理をした。午後は、あんどう新聞をを作成。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-03-24 01:07 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/17343132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 白尾稲荷神社初午大祭 巣立ち >>