あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

予算委員会総括質疑

3月7日(水)まだ水曜日か。と思うほど、今週はよく働いている。
今日は、予算委員会総括質疑。市議と職員のバトルロワイヤル

ゴングは9時30分「かーん」
私は、いつもは午後遅くに質問に立つが、今日は。委員長の「どなたか?」と言うが早いか。質問の挙手。みんな唖然。「なんで安藤が~」「調子狂うやん~」

で、私が行った予算総括質疑は、項目だけだが次の通り。

○「着地型観光」の更なる推進について
 ・外国人観光客の誘致企画(外国人留学生モニターツア)について。概要は、?行政の支援は?
 【四方秀行観光課長答弁】平成23年度にNPO北近畿みらいが取り組んだ。綾部市も企画から加わって、外国人留学生へ宿の手配や、観光地の案内など、支援した。来年度以降に関しては、いっそう外国人を綾部へ来てもらうことはよいこと。積極的に取り組んでいく。 
・「綾」ブランド開発や綾部のてん茶・はちみつなど地域の特徴ある資源を生かして、スイーツなどこだわり商品の開発を
【四方観光課長】特産品開発の必要性は理解している。平成24年度に新規事業で、計上している「産業成長戦略企画検討事業費」の中で検討していきたい。
 ○消防団協力事業所の状況について
・制度発足後2年。事業所数は
・協力事業所の申し出への対応は
・適用事業所のハードルが高すぎないか
【消防・西村課長答弁】平成22年3月に制度化し、2年経過で1社(森林組合)事業所の指定をした。要綱に基づき受け付けているが、少ないことはよくわかったいる。ハードルは高いとは思っていない。申請後はできるだけ迅速に認証したい。
○高齢者に優しい施策について
 ・資源ごみを紐でくくることが困難な高齢者増加。新聞回収袋の配布やごみ袋の改善について
 高齢者がどんどん増加し、資源回収の新聞の紐が括れないとの申し出、又、通常のごみ袋も口を縛りにくい。もう少し、高齢者に配慮した袋を考えられないか。
【衛生施設課上原課長答弁】ひもで縛って出さなくてもよいよう、周知の徹底を図る。ゴミ袋は、政策費が高くついて出来上がった袋も割高になる。いまさら市民に負担増加は困難。現状でお願いしたい。
○総合運動公園の遠的弓道場の整備と里の弓道場の解体について
・里弓道場解体予算。具体的には。
【高齢者介護課長】指定管理者のNPO法人と協議し、全面解体で進める。指定管理者も了解済みだ。
・京都府下唯一の遠的弓道場の的場の屋根設置について
・総合運動公園敷地有効利用について
【塩見文化体育振興課長】弓道協会には大変お世話になっている。スポーツ観光の観点からも弓道は大きい。府下一円から本市の施設を利用する。屋根に関しては、従来は、弓道協会が、自分たちで仮設で作ってもらっていた。良く聞いて、今後検討していきたい。
○ふるさとに誇りを持てる事業について
・あやべ百人一首かるた会の学校教育への活用について
【学校教育課長】公民館で活用いただいている。綾部中学校の生徒も参加しふるさと教育に活用いただいている。市内の学校に紹介したい。
・オンリーワンから「綾部の人間国宝」選定委員会について
【土田企画広報課主管】「今昔人物伝」を平成24年度に編集する予算を計上している。「綾部の人間国宝」が適当か検討し、立派な綾部の巧みを紹介できるよう検討する。
・広報あやべ「縮刷版VOLⅡ」の編集発行について
【土田主管】縮刷版は、市政施行30周年を記念して作った。その後60周年が一昨年だった。経費面で心配だが収支は理解ができる。方策を考えたい。
 
質疑で1時間取ってしまった。申し訳ありませんでした。朝一なら許されるかな~。予算委員会(総括質疑)の雰囲気を生きの良い会にしたいと。いつもは、自己主張での始まりだったもので。自己主張の場ではないので理解してほしい。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/17282376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2012-03-07 20:12 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)