政務調査活動

2月6日から8日まで、創政会議員と会派離脱中の高倉議員と政務調査に、岡山県倉敷市「(株)FMくらしき」と、岡山県総社市福祉部「障がい者千人雇用条例」について、岡山県真庭市の「バイオマスツアー」の調査に行きました。
f0111128_2136085.jpg

創政会では、平成23年度の政務調査活動は、5月に私が「地方自治経営学会第50回研究大会で東京へ、そして10月に会派全員で、京都市立花背小中一貫校を調査。1月には、亀岡市での近畿市民派議員学習交流会に出席。それぞれ調査研究活動を行ってきました。また、この間に2回「創政会会報」を発行し、広報活動を行ってきました。
f0111128_21364065.jpg

そして、今年2月に、本市の課題である、
①災害時緊急通報システム
②障がい者の社会参加・就業促進
③林業間伐促進・間伐材利活用・着地型観光
等の研究を行うため、上記の自治体・団体を訪問し、研究を行いました。
f0111128_21371766.jpg
これらの団体は、いずれも本市より優れた取り組みを進めており、とても参考になるものでした。
倉敷市の(株)FMくらしきは、年末に総務省の防災関係の書籍を読んでいたら、とても画期的にしかも費用負担も少ない「緊急通報ラジオ」があると言うこと、全国の自治体で試験放送をしているということを知って早速、総務課のU係長に相談、FM倉敷を紹介してくれた。また、総社市の「障がい者千人雇用条例」は、倉敷市近辺の自治体のHPを年末に検索していたところ、12月23日に全国的にも珍しい「障がいのある方々の雇用促進を図り、積極的に社会参画を促す取り組みを進める「条例」を制定している総社市のHPにたどりついた。
f0111128_21524220.jpg
そして真庭市のバイオマスツアーは、元旦のNHK番組を見ていたら、市長のお友達の「藻谷浩介氏」が、これからの地方の経済活性化の先進事例として、岡山県真庭市の銘建工業の取り組みを紹介していた。早速真庭市HPを検索したら、すごい取り組みをしていることが判明。直ちにアポを取ったところ、全国の自治体や議会が、視察に訪れていることが判明。2月の本会派の政務調査となった。
f0111128_21534488.jpg
何事にも、興味をもってテレビを見たり、本を読んでいることが大切だと改めて確認した。しかし政務調査とは言え、観てくるだけならだれでもできる。要は先進地の取り組みをどのように本市にあてはめて、本市なりの課題解決を図るのかと言うことが大事だ。

研修報告書は現在作成しており、近日中にこのHPにUPしたいと思います。

2月9日は、朝9時半から午後3時まで創政会民政会の合同勉強会を3課題設定し勉強会を開催。
議員としての識見・資質の向上を図った。議員には、市民目線での判断も必要な一方、都市経営の一端を担うものとしての、経営的視点も必要。市当局から説明を受け、それぞれ議員個々の意見交換をした。この勉強会は必要だったのか、そうでなかったのか。014.gif

午後3時からは、綾部中学校を訪問。10日の綾部中学校同窓会役員会の事前相談をK教頭と1時間程度行う。色々な発想が生まれて楽しかった。明日夜の会議が楽しみだ。午後4時からは、Sonさんと一緒に地域福祉課題の解決を。その後、事務所でK・Y・Kコンビにいじられながら、蒜山焼きそば煎餅を食べがやがや。なんか波長が合うメンバー。α波が出て、ほんわかする。037.gif

夕方、午後5時帰宅。政務調査費の清算。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-02-09 21:38 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/17177130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 右往左往 立春大吉 >>