雪害対策本部設置

2月2日(木)午後1時。ちょうど24時間前。綾部市役所に雪害対策本部が設置されたと、2月3日12時19分ファックスがあった。ちょっと連絡が遅いような気がするが、本部も取り込んでいたのだろう。

災害が発生した時は、何より冷静沈着が基本だ。政府の東日本大震災の対策本部も録音記録すら取っていなかったくらいだから、まずは人命最優先。そして財産保全、被災者対策が基本で、記録はその次でも良いとおもう。しかし報・連・相は、各方面へシッカリと行わねばならない。情報の共有化を図り、避難や二次災害の発生を防止するためにも必要だ。

私のところに入電された、FAX情報を掲示します。

【綾部市災害対策本部を設置】

綾部市は、2日午後1時 市災害対策本部を設置した。市内の積雪状況は次の通りで、観測地点7か所中4か所で府が定める警戒積雪深を超えた。現在まで被害の報告はないが、情報収集に努めることとした。

■積雪の状況(2日午後1時)
老富町192cm(警戒積雪深120cm)
五泉町179cm(〃      100cm)
大又  91cm(〃       70cm)
内久井 85cm(〃      60cm)

睦寄町 47㎝(〃       70㎝)
西坂町 31㎝(〃       40㎝)
川糸町 16㎝(〃       30㎝)

教育関係では、4小学校3中学校2園を臨時休校・園した。(2日のことだと思う)
小学校=西八田・東八田・東綾・上林
中学校=八田・東綾・上林
幼稚園=東八田・西八田

なお、3日は警報も解除されたので、学校等は通常通りと言うことでした。

高齢者等で、除雪ができない場合は、「高齢者等住宅除雪費補助金」制度があるので、除雪で困っておられる方は、綾部市高齢者介護課・高齢者福祉担当(☎0773-42-3280内線240)へご相談ください。
一定の条件があるそうですので、まずは「高齢者介護課」へご連絡ください。

綾部の市街地は、午後の好天で、どんどん融雪しているが、上林方面は大変だろうと思う。雪下ろし等で怪我などされないよう十分注意してください。

「18豪雪」以来の降雪ではないかと思う。あの時も電話線が切断され、連絡が取れない集落が発生したんじゃなかったかな。舞鶴市では、市街地で87センチと記録的豪雪となっている。綾部でも、上林は、18豪雪依頼だろう。倒木や、雪崩の心配がある。今のところ被害はないとfaxには書いてあったが、ビニールハウスの倒壊などこれから順次農林業被害が現れてくることと思う。的確な被害調査と復旧事業も備えておかねばなるまい。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-02-03 14:25 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/17151848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 立春大吉 綿帽子 >>