飢餓と教育

テレビでは、色々とセンセーショナルに話題が取り上げられるが、その裏を知らなければならない。視聴率を取るために(スポンサーに喜んでもらう)わざと大きく取り上げられる素材がある。

原発問題もそうだった。今は、TPPもそうではないだろうか。評論家が、大きく反対を主張するが、実際にそれで良いのか。どうも、テレビから流れてくる情報には、胡散臭さを感じる。

今日は、綾部紙が、世界連邦都市宣言を51年前におこなった10月14日を記念して、「平和と環境の日:地球市民の集い」が開催された。
f0111128_9325248.jpg


講師は、国連UNHCR協会事務局長の高嶋由美子さんを招いて、「難民と一緒に働いて」をテーマにした講演会が催された。
f0111128_9331130.jpg

今世界で難民として衣・食・住・教育が満足に受けられない、人々が地球上に3400万人おり、その2分の1がアフガニスタン・イラクなど中東に集中していると最初の話。意外だった。てっきりアフリカ諸国かと思いきや。3400万人のうち600万人が無国籍と言う。

また、ソマリアの難民の3分の1が栄養失調。内戦によって146万人が国内難民となった。
毎日1万人から5万人がケニアへ難民避難すると言う。現在ケニアのソマリア難民は50万人とか。

難民の4人に1人は5年以上のキャンプ暮らしで、何時祖国で定住できるか分からないと。

高嶋さんは、このようなNGOの仕事をしていて、思うことがあると言う。コップに半分のジュースが入っているとして、それをどうとらえるかによって、また頑張れるという。
つまり、コップ半分のジュースを「あと半分しかない」OR「あと半分もある」というプラス思考の気持ちが大切だ。

せっかく2100kcalの食料を支給しても、そのうちの幾らかはお金に換えて、衣服や住居へ回す難民の現実を見るときに、援助とは何かと考える。

たまたまその場にい合わせただけで、紛争に巻き込まれたり、震災に遭遇したりする被災者。その被災者こそ、大きな痛みを感じており、その人たちこそ、もっとも、相手を労り、思いやる心が強い。

これからも国連UNHCRへの支援をお願いすると閉じられた。若い女性で、アジアアフリカの難民キャンプを回り、支援計画を立て、援助活動をしておられる。果てしない活動だ。

人間世界(ひょっとすると男社会)の権力者同士の醜い権力争い「我」の衝突によって、何の罪もない女子・子どもが一番ひどい難民となる。

政治も貧困だ。崇高な政治理念をもってしても人間の権力欲・物欲を淘汰することができない。貧困すぎるが故の紛争。

果てしなき戦いに挑んでいる高嶋さん。私も何らかのお手伝いがしたい。
f0111128_934512.jpg


このあと、第20回世界連邦推進小中学生ポスター・作文コンクールの選考と受賞の表彰式が行われて、ポスターの部の最優秀には、由良僚祐勲(吉美小学校)作文の部最優秀は豊里中学校の大槻佳奈子さんら優秀作品の子どもたちへ実行委員長の山崎市長から表彰状が手交された。

それに先立ち午前中は、グンゼ博物苑の、ちぎり絵・水墨画・ミニ盆栽の展示会へ。里町のS崎さんからご案内を頂戴していたので、ぜひ鑑賞しようと集い蔵へ。いずれも素晴らしい出来栄えで、出展されていた山家の四方さんにご説明していただいて鑑賞させていただいた。
f0111128_9342485.jpg

午後4時からは、福知山市のロイヤルホテル福知山での京都府PTAOB会役員会に出席。平成24年度25年度事業計画について協議。
f0111128_9344048.jpg

午後6時からは、同じホテルでの「第37回日本PTA近畿ブロック研究大会前日交流会」に出席。福知山市PTAOB会がホストとして準備・案内・当日進行等を行った。OB会の会長・府教育長・福知山市長・府PTA協議会現職会長・と挨拶が続く。約1時間近くかかって、乾杯音頭。しかし、乾杯音頭も。乾杯するまで一旦座らされ、思い出話をひとしきり。
f0111128_935566.jpg

午後7時前から10分間だけ出されたオードブルをいただいて、高い会費のパーティを退席。

午後7時半綾部着。急いで神宮寺町のK井さんの「集いの館」へ。四方府議も出席。
来る12月11日に開催される子育て講演会の主催者の協議。広木克行先生をお招きして、午前中講演。午後は個別相談会が催される。子育てで悩んでおられる方、地域の方、保護者、先生どなたでもOK。「不安な時代を生き抜くために~思春期を見とおした子育て~」と題した講演会を開催する。ITビルがいっぱいになりますように多くの皆さんのご参加を期待しています。

会議終了後午後8時半。二宮神社へ行く。宵宮で、神社には遅くまで灯が付いていた。参拝し、役員さんにご挨拶して帰宅。午後9時前でした。

明日は、綾部の秋まつり、交通整理員で子どもたちと一緒に「えいさ~ちょいさ~」と声を振り絞る。
[PR]

by ando-ayabe | 2011-10-15 23:59 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(1)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/16692714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gfrthuji at 2011-10-16 12:12 x
怪我、病気できなくなりますよ。

どうやって保険負担してるとおもってるんですか。
国民が全額負担になります。
医師にとっての事は私はよくわかりませんが国民にとっては大打撃です。
病気・怪我しても金を払えず、悪化、死亡もありえます。

それだけでも十分医療でTPP反対する理由になると思います。

<< 秋まつり 9月議会終了 >>