9月議会実質終了

いやはや長い緊張だった。9月議会の決算審査委員会が日程を一日残して、6日午前12時前に終了。議員各位の真剣な、決算審査。本当にご苦労様でした。

今朝は、午前8時半に出向き、決算委員会にあたっての各議員の質疑に基づいた、討議・委員会採決。討議といっても、討議をして一つにまとまるわけでもないので、質疑調査の結果議員として、こうあるべきではないかと言ったことを会派で検討して、委員長報告をしてもらうための意見として残すもの。

たくさんの委員から、意見表明があり、お昼前に、委員会採決があった。
一般会計・国民健康保険特別会計・後期高齢者医療特別会計・上水道事業会計の4決算議案について、共産党会派の3委員以外が反対された以外は、すべて、承認。

共産党会派の方々の反対のご意見を聞くと、
一般会計は、同和対策特別措置法の法の終結によって、同和問題は終結している。だから、隣保館の施設は廃止し一般の施設とすること。人権研修は「同和問題をはじめとする」と言う表現を外すことと言う主張で、それができていないので反対。

国民健康保険特別会計は、一般会計から繰り入れ金をもっと増やし、国保料を引き下げること。(京都府下で一番安い保険料なんですが)

後期高齢者医療特別会計は、高齢者に高額な保険料を払わせることに反対。高齢者だけを別の保険制度とする医療制度自体に反対。

上水道会計は、決算で生まれている「利益剰余金」(減伽償却費の積み立て分も)を吐き出して、負荷で一番高い水道料金を下げること。と主張されておられる。

いずれも、午前中の各議員の意見を聞いていて、反対の理由はそうではないかなと思うので記載した。

12日に開会される本会議で、委員長報告を受け、賛成・反対討論ののち、採決で決する。

午後は、しばらく休んで後、委員長報告してもらう私が発言した意見をメールで送信。

夜は、もみじ祭に出演する綾部混声合唱団の練習に参加。
[PR]

by ando-ayabe | 2011-10-06 18:54 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/16651470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< チェンジ・リーダー 4つの条件 出羽守に負けるな >>