あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

京都国民文化祭に出ますに出ました

いよいよ文化・体育の秋本番。
朝10時過ぎ。東神宮寺自治会の運動会にご案内を受け参加させていただいた。
多くの町民の皆さんが参加されていた。神宮寺公会堂の前の広場で老若男女楽しいい運動会。歴史があって38回とかおっしゃっておられた。自治会長さんは、「準備も住民みんなで進めるので、役員が苦労しなくても良い」みんな和気あいあいと絆を強めておられた。和泉さんが「昔は町内マラソンもあったが、みんな高齢化してきた。」と。小学生の数も減ってきたが、世代を超えて、みんな楽しそうだった。町区がしっかりまとまっていると、住んでいる人も「住んで良かった綾部・神宮寺」になる。綾部市の「住んで良かったあやべ」も、小さな取り組み、身近な生活圏からの「住んで良かった」の取り組みが必要です。「生き生き地域づくり推進事業」の趣旨もそんなところだと思います。
f0111128_18432643.jpg
f0111128_18434935.jpg
f0111128_1844582.jpg


午前11時30分。中丹文化会館へ滑り込みセーフ。「京都国民文化祭に出ます」の最終練習。里山合唱団。久木先生の上手い指導で、みんなの声が、演歌歌手から声楽家に変わります。
f0111128_18441892.jpg

12時15分。練習終了。清山荘へ。「せいざん祭」へ。たくさんの市民が訪れておられた。焼きソバなどの模擬店やユニセフのバザー・読み聞かせ、綾姫さんの太鼓披露、サポステのゲームコーナーなど、和気あいあいと楽しい催しが開催されていた。熊さんもso-neさんもやっ子ちゃん、久美ちゃんもユニセフさんもスタッフでがんばっておられた。

午後1時半。再び中丹文化会館へ剛ちゃんさんと。「京都国民文化祭に出ます」の開会。これは、来る10月29日から11月6日まで開催される第26回京都国文祭に出場される文化団体が、中丹地域の皆さんにお披露目をするため、開催されたもの。

福知山からは、木村流大正琴琴遊会、福知山踊り振興会、米傳福踊会、福知山演劇サークル「わっぱ」、福知山メンネルコール、府立工業高校マンボウジャズバンド、舞鶴市から、琴修会舞鶴支部(よつば会)、みかんの木文庫(人形劇)綾部から里山合唱団。が出演。それぞれ素晴らしい演技を披露された。

午後4時過ぎからは里山合唱団が出演。山崎団長(市長)以下、150人が声を合わせて「ふるさと」「微笑みの空」を披露した。出来ばえは、家内によると上々とのこと。君江先輩を別荘まで送っていき。朝もらった神宮寺運動会のお菓子をプレゼント

文化・体育の秋でした。

裏方で進行・準備いただいた文化体育振興課の職員さん。ありがとうございました。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/16635936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2011-10-02 23:31 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)