9月議会予算委員会

今朝もあまり天気が良くない。全国各地で台風被害が発生。特に地震被害の被災地で、仮設住宅に浸水被害。本当に天災とは言え、本当にお見舞い申し上げます。

先日5月に京都合唱祭があった。その際、福島県など東北地方の高校の合唱部を招いて、合同合唱祭が催された。その時のお礼の手紙集が参加団体に配布された。

その中には、被災され家族を失った高校生や家を失い友達も失って、打ちひしがれているとき、同じ合唱の仲間として、福島で地震・津波の影響で開催できなかった高校合同のコンサートを京都の地で開催してあげようと、京都の合唱仲間で、皆さんをお招きした。諦めていたコンサートを京都の地で開催できたことに対する感謝の言葉で綴られていた。京都の合唱の皆さんに温かく迎えられたこと。大きな拍手で励ましをいただいたこと。本当の心が手紙集としてまとめてあった。

被災地の高校生との温かい交流の一方で、「放射能をうつしちゃうぞ」などと、国民を代表する代議士が、冗談にしろ非常識な発言をよくぞできたものだと、呆れるより怒りさえ覚えた。

合唱連盟の石角会長も相当怒っておられて、何日もたっているが、出会うたびに「鉢呂や民主党に腹が立つ」と。
民主党の皆さんの体質がそうなのです。「受け狙い」八ッ葉ダムしかり、高速道路無料化しかり、挙句の果ては偽メール問題。脇が甘いというより、詰めが甘い。受け狙いなのです。
しまし、「前原氏は同じ京都なのに、西田昌司参議院議員が前原を批判しすぎる」と腹を立てている自民党支持者の方もいる。しかし、政治はそういうものです。正義と大義のない政治家は批判されても致し方がないと思います。それが、国民の税金で禄を食んでいる者の当然の宿命です。そんなところで、情状酌量しないでください。2年前の綾部駅前・市民センターでの前原氏や福山氏の発言を良く思い出していただきたいと思います。
2年近く前の綾部市長選挙で、綾部駅頭で山崎陣営をどんなひどい言葉でアジっていたのか。人のうわさも75日。手のひらを返したように仲良くしようと近づいてきてもできるはずがありません。「面従腹背」すきあらばと「虎視眈眈」

政治家は大義を失ったら政治家ではなく政治屋です。何でもかんでも「政治家(屋)」にと虎視眈眈。権謀術数をめぐらす。信無くば立たず

午前9時半から補正予算審議。

議第52号 一般会計補正予算(第3号)
・主な補正は、5月の土木・農地・林業・小規模治山事業等の災害復旧事業に関する補正(145珀万円)ほとんど国庫補助金と災害復旧事業債(市が借金し、後日元利金を交付税で交付される。ま~立て替え払い。)ただし、会計検査院の検査対象として後年度に厳しくチェックを受けます。慎重な
対応に理解してあげてほしいですね。

地域子育て創生事業費(14百万円)子育て支援の一環として、児童館や保育所などに遊具や教材を購入するなど。全額府をトンネルし国庫補助です。

公務災害費(21百万円)東日本大震災で、現地の多くの消防団員が死亡や障害を受けられたことにより、臨時的な掛け金支払いが生じたことによる。

財政調整基金積立金(68百万円)一般会計の平成22年度決算により、繰越金が生じたことによって、その繰越金を貯金しようとするものです。

主な補正予算は以上です。あと、児童虐待防止対策緊急強化事業費で2百万円。(家庭訪問用の公用車や電動自転車を買うそうです。ちゃんと目的に使ってネ。)や認知症グループホーム開設経費補助(6百万円)地域包括ケア総合推進事業費(8百万円)認知症対策のソフト事業費。などで総額317百万円の増額補正予算。

議第53号 農林業者労働災害共済特別会計補正予算(第1号)
平成22年度の繰越金の処理です。

議第54号 介護保険特別会計補正予算(第1号)
国庫支出金の返還金や繰越金を計上。

議第55号 国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
前年度決算越金処理や国庫支出金返還金。京都地方税機構への滞納保険料の徴収業務を移管するためのシステム変更費です。

議第56号 後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
後期高齢者医療広域連合への納付金や決算処理

議第57号 簡易水道特別会計補正予算(第1号)消費税や地方消費税への納付金、辺地債発行による財源振替です。

共産党議員団3人が、国民健康保険の補正予算案に対し反対をしました。理由は、京都地方税機構への滞納整理事務の移管に反対していることによります。しかし、一般会計からその事務を進めるために繰り出していることに対しては、賛成しているのです。矛盾していると思いませんか?それなら一般会計も反対するべきだと思うのですが。

質疑に際して私は「京都府で一番安い国民健康保険料を維持するために、引き続き保健予防事業を推進するとともに、滞納整理の効率化と、保険料負担の公平化を図る「京都地方税機構」への滞納整理事務の移管を円滑に進めること」とする意見を表明しました。

委員会終了は午前11時40分。引き続いて、全員協議会が開催され、平成22年度各会計決算の説明が説明員によってなされた。詳細は後日報告します。

午後、議長と3時まで協議。綾部市斎場の照明設備が完成したとのこと、現地調査する。
f0111128_1535976.jpg
立派なソーラーライトが4基。これで通夜も明るい夜道だ。市民の声を実現してくれた。小さなことでもこつこつと「住んで良かった綾部」に向けて。
f0111128_1553037.jpg


午後4時。高倉議員に出会いに「幸喜山荘」へ。地域の力でがんばっておられる。小さくともコツコツが大切。綾部には綾部に合ったスタイルが良い。
f0111128_1555226.jpg
f0111128_156829.jpg
f0111128_1565493.jpg

5時から1時間。雨で畑が心配だったので、見に行く。大根の本葉が伸びていたので、間引きをする。白菜の畝も準備する。午後6時暗くなってきたので帰宅。

午後7時半。綾部混声合唱団の練習に行く。10月30日に、観光協会の事業のお手伝いをするそうで「もみじまつり」で大本教みろく殿で合唱を披露するそうで猛特訓。夜も斎場の照明を見に行った。
f0111128_1563392.jpg

[PR]

by ando-ayabe | 2011-09-23 01:57 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/16591161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ようやく台風一過 越流 >>