あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

膿む

こんな言葉が、新聞やテレビで報道されている。この台風12号の被害は死者行方不明者合計100人を超え、いまだ数千人が孤立しているという。奈良県十津川村。いつもは、桃源郷のような、美しい日本の原風景のような村が。

日本のような文明国でも、自然の脅威には、とてもかなわない。地球は何億年も何十億年ものスパンで動いている。地球から見れば人間さんも蟻のような生き物。いくら科学を発達させたとしても、ちょいと1500ミリの雨を降らせただけで。深層崩壊が起きるほど。あるいは、地球の皮をちょいとひねっただけで、何十メートルの津波が発生する。地球のニキビの膿が破裂すると火山大噴火。地球という巨大生物?の表面のちょっとした動きだけで、地球の薄皮の上に生息している人間さんはあっという間に、ひねりつぶされてしまう。しかし、人間さんは、蟻さんと同じようにつぶされたアリの巣をまたこつこつと修復し、立派な家を作る。

日本を取り巻く一連の災害を思うたびに、海苔の瓶に砂を入れて蟻を飼い、中を観察している大きな誰かがいるような思いがする。

被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。そしてお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。

いよいよ9月議会が始まった。市長から9月議会の議案上程がなされ、人事案件の採決が行われ、30分ほどで1日目の日程は終了。次回の開会日が9月13日からと議長。

終了後一斉に一般質問のヒアリングが各部屋で行われ始めた。質問締め切りは明日の正午。

年度途中の9月議会での辺地総合計画提出。経過を財政課で聞いたり、休業する立地企業の状況を商工課で聞いたり、定住促進課で桜が丘団地の状況を聞いたり各部所を訪問して話を聞く。

それでも、一般質問を作らねばと帰宅。午後半日かかって作成。
午後5時。K部長が来訪。困ったクランケだったが、何処かへ行ってから、過去の傷が膿む。簡単に考えて処置をすると、こんなことになる。不都合な処理は人間がやっていることだから往々発生することではあるが、瘡蓋ができたので自然治癒すると思うとしばらくして膿が出始めることがある。ちゃんと消毒や投薬・切開して手術までしておくと、きちんと治るもんだが。今更処置の方針が誤っていたからと言って、もう膿が出始めたんだからこの際しっかりと膿は出し切って、これ以上他の部位に転移しないよう処置をするべきだな。まだ遅くはないし、いつも悪化する箇所だった。過去に何度もあった場所だ。似たような箇所がないかボディチェックもしっかりと。(外科医弁)

すっかり涼しくなった夕方6時。ハートセンターへ。綾部囲碁連盟の役員会議。10月に開催する自治会対抗囲碁大会の要綱協議。I川さんはきちっと書類作成される。午後7時終了。
アイーダさんと祭で軽い夕食で意見交換。午後9時帰宅。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/16521229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2011-09-06 09:39 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)