いよいよ9月議会   

2011年 08月 31日

暑さも夜は少しづつ辛抱できるようになってきた。秋は確実にやッてきている。

8月29日(月曜日)今日から学校2学期の始まり。宿題や工作をもって子どもたちは登校した。
見守り隊も夏休みを終え再始動だ。

8時半から土日のブログを作成。おっと、ちょっと時間オーバー。急いで市民センターへ。
平成23年度国道27号整備促進期成同盟会の総会。例年のことだが、沿線住民の皆さんが国道の拡幅整備へ向けて、熱心に活動しておられる。今年度の同盟会の会長は塩尻泰一さん。今年も一緒に頑張りましょう。
f0111128_935196.jpg

今年から、西八田・東八田の連合会の負担金が1万円から2万円にUP。綾部地区は5万円で据え置き。繰越剰余金も底を尽きかけたため、昨年の会議で平成23年度から1万円UPを決定した。
f0111128_9104784.jpg


その後、市役所へ行き、30日の議会運営委員会の進行について事務局と詰め。12時に帰宅。
すごい暑さだ。残暑が本当に厳しい。

「京都府中丹教育局長」が4月の人事異動で交替された。平成18年度から21年度まで、府教委の社会教育課長をされていた水江さんが着任されて数カ月がたつ。異動後早々に綾部市立東八田小学校校長の懲戒処分の処理や教科書選定など矢継ぎ早な事務対応をこなされて、ようやく落ち着かれたところだろう。綾部市が京都府下PTA教育研究集会を主管した平成19年度、同研究集会の前日交流会の実行委員長として準備をした時、教育長の出席依頼に府教委へ訪れた際に社会教育課長として対応いただいた。

教科書の閲覧に局へ行ったときに既に出あっていたとか。知らずに失礼しました。

府PTA・OB会会計の牧野さんと同顧問会の佐々木さんOB会の森田会長が段取りをされ、局長の歓迎会と、今秋福知山市で開催される「近畿ブロックPTA教育研究集会」と来年舞鶴で開催される「日本PTA教育研究集会分科会」の実行委員幹部の顔合わせが萬家で開催された。福知山・綾部・舞鶴の府P役員・OB会役員ら約30人が出席。局長の歓迎と委員同士の懇親を深める良い会合ができた。

30日は、朝から9月議会第1回の議会運営委員会が開催され出席した。
市長から9月議会へ提案する14議案について提案理由の説明があったのち質疑応答。続いて議案の審議委員会割り当て、会期日程の確認など協議。午前11時終了。議長と協議し、議場に国旗・世界連邦旗の掲揚準備ができたとのことで、事務局次長と確認。経費は6万円で、世界連邦旗に4万円、国旗のポールに2万円かかったそうだ。当初の計画通り国旗だけ掲揚したら、2万円で済んだがこの際世界連邦旗も同様掲揚することにした。
f0111128_932597.jpg


12時、「桃太郎」で、冷やしそば定食を日本会議の梅原事務局長と食べながら「日本会議との勉強会」について協議。

午後1時からは、議員全員協議会。午前中の議会運営委員会と同様、9月議会議案について総務部長から全議員へ説明。午後2時半会議終了。引き続いて、会派会議。今後のことについて協議。午後4時半終了。いったん帰宅し、午後6時半から10時まで、会派の皆さんと9月議会へ向けて、一致団結して対応することを誓い合って、「盾」で懇親会。盛り上がって、終了。

帰宅すれば、前日の民主党党首選挙で勝利された、野田佳彦党首が首班指名され、総理へ。その後党役員人事に着手していた。興石参議院議員が幹事長だとか。そこら辺が国民には分かりにくい。わかりやすい政治を目指すべきだ。永田町の論理は通用しないと言っているが、一向に改まらないのは困ったものだ。野田氏に対する評価が高いが、輿石氏も参画し、挙党態勢を強化にするとのこと。キャラ的には、菅直人よりも長続きするのではないか。
[PR]

by ando-ayabe | 2011-08-31 00:37 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/16488558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 綾部市議会平成23年度9月議会議案 残暑に負けず >>