あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

綾部市議会総務委員会先進地視察・出張

タイトルの通り、先進地の調査・学びに出張してきた。

残念なことに、学びに行っているにもかかわらず。何処かの議会で監査か調査しているような物言いで質問される議員がいたことには「汗顔の至り」で「恥ずかしい」思いだった。議員は品格と礼節謙譲の気持ちが必要だ。

私は、議会で、他市からお越しになる議員の皆さんに説明をする機会が良くある。また市の職員であった時も議会の説明員としても対応して来た。綾部市の取り組みを説明をしている間、居眠りのようにしていて、説明が終わった途端、ケチをつけるような質問をする議員が時たまあった。嫌な思いと「それなら聞きに来るな」と声にだして言いたくなるような失礼な議員がいることを体験している。そのときと同じ思いをした。
 訪問先の都市の職員は時間を割いて対応していただいているのに、検査官の様に監査にでも来ているような失礼な物言いで詰問する議員が存在することに、情けない思いがした。

 それはともかく、この3日間。先進都市視察をした。
8月2日は、大分県日田市「森林面積が80パーセントの本市とよく似た山間地で、地域活性化事業を取り組まれている。人口は7万人だが、合併を重ね山間僻地を抱えながら、どのような地域資源を活かして自治体経営をされているのか。学ばせていただいた。特に古い町屋保存とそれらを地域資源に観光に力を入れておられた。年間50万人の入り込み客があるという。
f0111128_15474665.jpg

綾部市も本町通の町家保存事業を始めて数年になるが、改めて、まったく規模の違いを確認し、綾部の町家保存や月見町の石畳事業などを再度検証し、引き続き事業を存続するのかどうか見切る時期だと思った。中途半端に投資をするだけでは税金の無駄遣いだと思う。その思いは、創政会の会派視察で、愛媛県大洲市や内子町、大分県豊後高田市の街並み保存を見て、綾部市が太刀打ちできる規模ではないことはよく承知していたが、日田市の伝統的建造物群を見て改めて、綾部市のまちづくりの立ち位置を確認する必要を感じた。
f0111128_1554052.jpg


続いて8月3日には、福岡県大野城市を訪問。市民課や国保課などの窓口サービスのワンストップ化事業について説明を受けた。人口は8万人で、福岡市のベッドタウン。5月に東京で開催された「地方自治体議会学会」で、大野城市議会運営委員長の松崎市議と親交を深め、大野城市のワンストップサービスについて勉強させて欲しいとお願いし、今回実現したもの。
f0111128_1548348.jpg


人口1千人あたりの市職員数は、全国で2番目に少ない都市で、電話サービスもその半分は、最初の電話だけで処理してしまういわゆる「コールセンター方式」で、市民の電話のたらい回しは極力回避している。また土曜日曜窓口サービスや「総合窓口フロア」の方式など、素晴らしいサービスで取り組まれていた。職員数の減少で合理化していると冷たい目で見ている議員もいたが、私は、これこそが、これからの地方自治体ではないかとさえ思った。。窓口業務、電話交換業務などほとんど委託業者へ業務を委託し、職員は企画やより高度な事務事業を推進されている。人件費を極力抑える一方で、市民サービスの向上のために取りくまれている。市民の反応も上々のようだ。ちゃんとリサーチしている。仕事も正確になって、公務能率も上がっているという。職員の残業が減ったと言う。
f0111128_15482460.jpg


このワンストップサービスに関しては、大野城市長のトップダウンながら、職員がワーキンググループを編成し、先進地調査を実施する中で、大野城方式を取り組まれていた。
昭和58年。当時の谷口市長が、羽室革新市政時代に職員の人件費や待遇ばかりを良くし、財政再建団体指定の危機に見舞われたとき財政危機を克服するために、総務課の職員に他市を調査して、良いところを採用して欲しいと指示。総務課職員係で北部諸都市を調査して回り、58項目の改善項目を実施したころを思い出す。
f0111128_1602367.jpg

あのころはもっと職員が進取の気質で新しいことに取り組んだ。いつの間にかその風は止んでしまった。

大野城市は市民の人口1千人に対する職員数が4.7人で、綾部市の10.3人に対して極めて少ない職員数だ。これは、一気に人口が増加し、業務を委託しないと間に合わなかった背景もあるというが、それにしても、職員の資質向上がキーになりそうだ。やはり職員研修や仕事の改善に対する取り組みの必要を感じた。

最後の訪問先は、佐賀県唐津市。8月4日。今日も日差しは強いが、湿度が低い。
唐津市は、玄海原子力発電所の周辺自治体。
玄海原発再稼動で動き始めた自治体の頭ごなしに方針転換した菅総理のストレステスト実施で、自治体首長の憤怒天を突いている、問題の原発を周辺に抱えた13万人の都市。
防災対策の取り組みも綾部市同様取り組まれているが、とりわけ23年4月に開設された危機管理室の陣容だ。ただちに専門アドバイザーを選定し、市独自で危機管理室を機構改革で編成。一セクションでなく市長直属で、頭脳集団として危機管理室を開設。

自衛隊OB・原発建設当時の設計者・海上保安庁のOB(唐津市域には島しょがある)・警察OB・新聞社OBの5人で構成するアドバイザー。よく想定してあると思うしその専門官の意見を取り入れつつ、唐津市のEPZ暫定計画を策定されると言う。人口13万人が30km圏内にすっぽり入る唐津市ではあるが、県の職員や大学の偏った学者を専門アドバイザーに据えるのではなく、より現実的な現場感覚にすぐれたアドバイザーを採用されておられる点に感心した。(中にはそのことにケチをつける議員もいたが)

また、綾部市も取り組み始めたところの「災害時要援護者台帳」について、事前に本市の資料調査をしたうえで質問した。まだ台帳は1000人が提出されたところだと答えられた。対象者が移動する中で、把握に努められていると思う。

午前中、唐津市の戦前の石炭王・高取家の私宅を見学。文化財保護に関しても勉強した。

くたびれはしたものの、午後8時綾部に帰着した。
委員会視察は、目的意識を持って視察しなければ、何の役にも立たない。厳しい予算の中で2年に1度とは言え、調査予算が計上されている。委員会で課題を整理し、どの目的で調査をするのかと言った精査をして調査出張したいと思う。委員長は委員会の調査方針を示す中でこのような調査活動をリードしていかねばならない立場だ。当然他の委員よりも詳しく事前調整し、調査のポイントや調査による成果を求めていかなければならない立場だ。でなければ、単なる物見遊山の誹りは免れまい。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/16374647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2011-08-04 12:01 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)