あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

一筆啓上

子供のころの話。
ご馳走と言えば、お母さんが作ってくれるバラ寿司で、誕生日とかには作ってくれた。
子ども心に覚えている。シャボシャボなカレーライス作ってくれたな~。宣伝車で印度カレーのルーの宣伝販売に来ていた時代。「黒ん坊のだっこちゃん」もはやっていたな~。

綾部の郷土料理のレシピを市役所で頂戴した。嗜好は変わっていくものだ。鶏肉は大きらいだったのに、調理によっては美味しく食べられる。高齢の母の調理は、煮物中心だったから、ケンタッキーフライドチキンのような料理は出来ない。それでも、歳とともに煮物が口に合うようになってきた。
f0111128_22324260.jpg

さば寿司なんかとても口に入らなかった。エンドウご飯は食べた記憶がある。漬物は今のように多彩ではなかった。「タクアン」くらいしかなかった。
f0111128_22331557.jpg
書いている内に、子どものころは、ずいぶん貧しい食事だったな~と思うけれど、食卓はいつもみんなで楽しく食べていた記憶がある。
 今の家庭。家族がいても、テレビを観てるお兄ちゃん、食事している弟、食事を作った後に洗濯している母親、帰ってこない父、じいちゃんばあちゃんは、若い世帯とは別の家で、宅配サービスの食事を食べている。一緒に食卓を囲む条件は整っていても、個々が勝手に自分のしたいことをして食事している。そんな家庭が多いのでは?食べる料理は豊かでおいしくなったが「孤食」になってしまった。貧しくてもいいから昔のように家族みんなで食事を分け合うようなそんな社会もう出来ないのかな~。そんな貧しくても心温かい社会を望んではいけないのだろうか。

各議員が6月議会で質問する内容を記載しておきます。
6月21日(火)午前9時30分(5人質問予定)
1高橋輝(民政会)
東日本大震災
 ○ 震災後の対応
  ・ 震災から得た教訓、当市の対応
 ○ 福井県の原発への対応と対策
  ・ 関電への対応の強化、今後の対策
 ○ 防災計画の見直し
  ・ 地震・原発、防災計画の見直し
 ○ 震災後の影響
  ・ 当市への影響
 ○ 今後の課題
  ・15%節電対策、自然エネルギー転換
子育て支援
 ○ 幼稚園保育料の改定
  ・ 検討委員会による今後の計画は
  ・ 値上げに関する保護者、関係者への周知は
 ○ 全市学校給食への取り組み
  ・ 検討委員会による検討状況
  ・ 今後の展開

2井田佳代子(日本共産党)
防災
 ◎ 原発事故をふまえた防災計画の見直しを
  ○ 原発の今後の方向性
   ・ 原発技術は一般的にも未完成といわれているが認識は
   ・ 蓄積される使用済み核燃料の危険性についての認識は
   ・ 災害発生時避難連絡、避難誘導の方法は
   ・ 長期化が予想される避難所の生活環境対策
   ・ 災害弱者への避難所の設置は
 ◎ 耐震化をどう進めるか
  ・ 指定避難所の耐震化の状況は
  ・ 個人住宅の耐震化をどう進めるか
 ◎ 災害時の伝達、孤立化、訓練
  ・ 市民への緊急情報伝達の方法は
  ・ 山崩れ、電話線途絶など孤立が予想される地域への対策は
  ・ 防災意識向上・防災教育・避難訓練の計画は

3波多野文義(創政会)
食育
○ 食育推進の取り組みについて
  ① 第2次京都府食育推進計画に対する綾部市の取り組みは
  ② 義務教育期間における給食の意義は
教育
 ○ 学習指導要領の改定に対する対応について
  ① 授業時間数の増加に対する対応は
  ② 土曜日の授業実施は
  ③ 道徳教育の充実・強化は
  ④ 語学教育の充実・強化は
教育環境
 ○ 学校の統廃合について
  ① 施設一体型小中一貫校は
  ② 上林中学校の建て替えは
安全・安心
 ○ 原発の安全性と対応について
  ① 今後の原発に対する安全対策及び強化の確認方法は
  ② モニタリングポストの増設は
  ③ ガイガーカウンターの貸し出しは
定住促進
 ○ 原発事故による定住促進への影響
  ① EPZ拡大の影響は
  ② 電源立地地域対策交付金の使途は
商工業
 ○ 商工業への震災の影響について
  ① 業績への影響は
  ② 雇用増加対応は
環境・生活
 ○ 節電対策について
  ① 市としての対応は
  ② 企業への支援は
  ③ 休日変更による労働者への支援は

4森義美(公明党)
防災
 ○ 防災計画の見直しについて
  ・ 現状では、どの程度の災害を想定し、対策を講じているか
  ・ 想定外の災害にどう備えているか
  ・ 見直し計画はいつごろなのか
  ・ 自主防災組織への反映は
  ・ 災害時要援護者支援体制の状況は
  ・ 被災者支援システム導入の考えは
 ○ 農林災害について
  ・ この度の豪雨、台風による被害状況は
  ・ 災害基準に満たない事象にも補助を(重機使用補助)
 ○ 学校、園での安全対策は
  ・ 避難訓練等の取り組み状況は
  ・ 連絡、誘導体制はどのようになっているか
  ・ 教室の暑さ対策は
環境
 ○ 節電計画、地球温暖化問題
  ・ 節電に対して、本市はどのように取り組むか
  ・ クールアースデーの本市の取り組みは
  ・ 学校施設をはじめ避難所に太陽光発電装置の設置を
地域活性化
 ○ シニア世代との協働のまちづくり
  ・ 取り組み事例の紹介を
  ・ 今後の課題と展望は

5吉崎久(日本共産党)
防災対策
 ○ 黒谷川の改修を
  ・ 市道の冠水による孤立化の解決を
 ○ 市道神谷線の崩落に伴う対策
  ・ 事前要望との関係は
  ・ 被害住宅への対応について
 ○ 砂防ダムの終末処理について
  ・ その対策は
土地開発公社の解散にかかわって
 ○ 財政運営について
  ・ 「改革推進債」との関係
 ○ 残地処分について
  ・ その方向性と見通し
税共同化
 ○ 共同化での状況は
  ・ 収納状況・公売などの状況などは
 ○ 法人関係税の課税共同化の方向
  ・ 課税権は独自権限
  ・ 方向性と内容、市負担は
農林業振興
 ○ 戸別所得補償モデル事業について
  ・ 実績と効果は
 ○ 耕作放棄地
  ・ 現状と対策
 ○ 鳥獣害対策
  ・ クマの出没について
  ・ 被害状況調査について

平成23年6月22日(水)午前9時30分から(発言者5人)
6搗頭久美子(日本共産党)
原発とエネルギー
 ○ 危険な原発から自然(再生可能)エネルギーへの転換にイニシアチブを
  ・ 原発依存から再生可能エネルギーへ転換する行政計画の策定を
 ○ 原発事故からいのち・健康をどう守るか
  ・ 原発事故による被爆回避の手段は
  ・ 健康第一に考える放射線防護と学習
介護保険
 ○ 市民の声を反映した介護保険制度改定(2012年~)を求める
  ・ 市高齢者アンケート調査結果の特徴
  ・ 声を反映した保険料、制度を求める
教育
 ○ 成果主義の教育指導「指標」に疑問
  ・ 「人格の完成をめざす」ための教育条件整備にこそ力を入れるべき
  ・ 学校管理職のあり方

7久木康弘(新政会)
市政
 ○ 市長の政治スタンスについて
教育
 ○ 問題事象について
  ・ 再発防止と今後の課題
農林
 ○ 府立林業大学開校について
  ・ 林業の担い手の育成・支援
  ・ 山を活かす本市の政策
まちづくり
 ○ 駅南玄関口について
  ・ 駅前は綾部市の顔
防災
 ○ 地震対策について
  ・ 危機管理体制の見直し
 ○ 原子力防災について
  ・ EPZ見直しによる住民説明会
  ・ 想定避難訓練の内容
  ・ 自然エネルギー協議会に対する所見

8村上静史(民政会)
地域振興
 ○ 「いきいき地域づくり事業」
  1.新しくこの予算(1,200万円)を組んだ目的・考え方
  2.趣旨に沿い、各地域に定着させる方法
  3.この「地域づくり」であやべの良さを発信できるか
  4.今後への考え方
鳥獣被害
 ○ 今年の有害鳥獣対策
  1.国庫鳥獣被害緊急対策の状況は
  2.今後のスケジュール
環境
 ○ 物部地区畜産悪臭問題
  1.4月以降の動き
  2.悪臭が消えるまでの見込み

9相根一雄(民政会)
防災
 ○ 防災
  ・ 地域防災への取り組みについて
  ・ 防災ハザードマップについて
  ・ 災害情報の伝達について
  ・ 地域、地区の避難場所の指示、徹底について
  ・ 地域防災計画策定に向けての課題について
定住促進
 ○ 定住促進
  ・ 定住促進の見通しについて
  ・ 定住促進の成果、実績について
  ・ 情報発信戦略会議について
  ・ 地域の取り組みとリーダーの育成について
  ・ 企業誘致と雇用の確保について
  ・ PDCAサイクルの実施について
都市計画
 ○ 都市計画マスタープラン
  ・ 都市計画マスタープランの重要性について
  ・ 策定に当たって住民参加の意義について

10村上宣弘(新政会)
財産管理
 ○ 法定外公共物について
  ・ 機能管理の状況は
  ・ その処分(払い下げ)の現状は
教育
 ○ 食育について
  ・ 市立小・中学校の給食実施、内容は

平成23年6月23日(木)午前9時30分から(発言者4人)
11堀口達也(日本共産党)
地域経済の活性化対策
(1)東日本大震災・福島原発事故による地域経済への影響と対策を
  ① 大震災と原発事故が、全国・京都に与えた影響は大きかった
  ② 綾部市内事業所への影響も大きかった
  ③ 京都北部の景況調査の結果
  ④ この影響に対する対策が必要
(2)原発に代わる代替エネルギー政策で地域経済の振興を
    ・ 北部事業者の原発に対するアンケート結果
雇用対策
(1)4月の有効求人倍率は、0.55
  ① 大震災や原発事故に関わって、求人が減少している
  ② 緊急雇用対策が必要
(2)若ものの雇用対策強化を
第3セクターの運営
 ○ 「緑土」「水夢」の今後の経営戦略は
  ① H22年の決算状況
  ② 景気動向に大きく影響と同時に、競争激化
  ③ 「原子力電源地域企業立地支援給付金」が9月に終了(水夢)

12田中正行(創政会)
防災対策
 ○ 小・中学校における防災教育
  ・ これまでの小・中学校における防災教育の観点(目的)は
  ・ これまでの具体的な防災訓練等の実施方法は
  ・ 東日本大震災を通しての教訓と今後の防災教育の方針は
 ○ 介護関係施設の防災対策
  ・ 今までの防災に対する備えは
  ・ 東日本大震災を通しての教訓と今後の防災対策は
消防
 ○ 子ども救命講習の取り組みについて
  ・ 小・中学生の救命講習の現状
  ・ 全市で取り組む考えは
 ○ 少年・少女消防クラブ隊について
  ・ 今後の活動計画の取り組みは
行財政
 ○ 土地開発公社の今後
  ・ 土地開発公社運営協議会の提言を受けての今後の取り組みは
  ・ 市財政への影響は
  ・ 土地開発公社所有用地の今後の利活用と処分方法について

13吉崎進(民政会)
教育
 ○ 小学校長の不祥事に関して
  ・ 学校への信頼回復の措置をどうするのか、教育委員長、教育長の考えは
  ・ 市教委の学校管理職の内申権について
  ・ 今回の不祥事に至った要因や、背景をどのように検証されたのか
  ・ メンタルヘルスの保持について
  ・ 再発防止に対し教育委員会としての防止策はどのようなものか
  ・ 教育委員会としての責任の認識は
  ・ 今回の不祥事に対しての市長の思いは
市民生活
 ○ 震災を教訓としたものの大切さについて
  ・ この震災を教訓にもう一度、ものの大切さについて考えては
  ・ 市民みんなで、「もったいない」の取り組みをしては

14安藤和明は、前日ブログに記載済みで~す。そちらをごらん下さい。
f0111128_025023.jpg
本日『綾部公民館だより』を綾部町内各自治会へ配布。結構良い広報紙が出来た。と思うけど(自画自賛)。AKG23とか今風なボキャを使ったりして。しかし一箇所だけ校正ミス。完璧は無いな~残念。

午前中は7月9日に開催する『西町寄席』のご来賓へ招待状を持って回る。午後は6月19日に開催される『綾部市囲碁連盟』の囲碁大会の賞品注文に行くと共に、太陽会のハガキの整理、ストーブの収納、畑の耕運(修理してもらったばかりなのに直にエンジン停止=腹の立つことプンプン)などなど。

夕方は、市役所時代や議員の時代も報道で大変お世話になった岩岡廣之さんに「一筆啓上」KBSの報道カメラマン兼記者だった岩岡さん。桜が丘団地の販売促進に大変お世話になった。KBSテレビCMやKBSラジオの昼の番組放送を仕組んでもらったり、KBS退職後は、NHKの嘱託社員として再び報道カメラと記者手帳を片手に、色々な身近な報道をしていただいた。色々な情報もギブ&テイクで交換したり。何度か助けてもらった。人生の先輩としても色々アドバイスいただいた。サンデー毎日とのこと。たまには綾部に顔を見せてください。と書き添えた。

夜は、綾部混声合唱団の練習に久しぶりに参加したが、もう北部6都市混声合唱団交流会のホストになっており、てんやわんやしておられた。当日は参加や協力ができないので、なんだか居心地が悪かった。ごめんなさいね。太陽の会の役員総会なのでお許しください。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/16140121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2011-06-16 23:40 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)