茶番劇・ドタバタ劇   

2011年 06月 02日

茶番劇は何幕まで続くのかな~。前夜のテレビでは、鳩山元総理も原口議員も「不信任がでれば賛成に回る」と公言していた人間が、たった当日昼の菅総理の「ケリがついたら辞める」という訳の分からない約束で、コロッと意志が変わってしまう。今夜は、夏には辞めると言った、「何時辞めるとは言っていない」とまたもやゴタゴタしている。

前夜は「菅直人では震災対策は前に進まない」と言うことで一致していたのではなかったのか?ま~政治家の言葉の軽いこと。

マスコミもよくこんな馬鹿馬鹿しい報道を「電力」使ってやってるよ。テレビニュースショーでは政治評論家が裏話を自慢そうに話しているが、もう飽き飽きだ。政治家もこんな茶番劇に税金使ってやっているのだから。若い政治家も責任持てよ~。って言いたいですね。

地方政治家はそんな茶番劇の相手なんかしていられない。台風2号の土砂崩れや出水の対応など市民の不安の解消に走らねばならない。
f0111128_23595359.jpg

前日午後5時ごろ自治会長さんの要請に基づいて、神宮寺の出水現場へ行き要望書を作成、午後土木課へ行く。早急の対応を要請。早速対応してくれそうだ。

午後「市民憲章推進協議会」と「綾部世界連邦運動協会」の平成23年度総会が開催され出席。議長から発言を促すが、参加者からは特に意見もなく「シャン・シャン」と終了。
[PR]

by ando-ayabe | 2011-06-02 23:13 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/16069088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 埒があかない 台風被害 >>