新品   

2011年 04月 11日

まだ手が、制服の袖の中にある。白いプラスティックの詰襟に違和感を感じた新品のセーラー服。13歳に戻ったような懐かしさを思い出す。

今日は綾部中学校の入学式。新品の体育館に新品の学生カバン・新品の教科書。

なぜか入学式は嬉しい。浮き浮きした気分になる。つい数日前の綾部小学校の卒業式で感動の涙した。その同じ子達が今度は勇ましくいきいきと見える。新しい制服のせいか、初陣を飾る若武者のようにも見える。不思議なものだ。

四方八洲男さんから引き継いだ「綾部中学校同窓会長」しっかりと継承し、綾部中学校を先輩として後援・支援しなければならない。

入学式の来賓席も、議員の席とは異なり同窓会長としての席が用意してある。緊張感を覚える。快く引き受けたが、前会長が偉大な方だけに「私で適任か?」と少し後悔の念。しかし、事ここに及んでは後の祭り。綾部の教育の中心的施設の綾部中学校。しっかりと同窓会の役目を果たしていきたいと意気込む。(と横からK教頭「スタート前からイレ込まないで」と手綱を引かれた。ドウドウ)

で、綾部中学校の入学生は209名。(綾小119名・中筋小51名・吉美小38名・市外1名)
特別支援学級も含め8クラス。1クラス29名から30名。落ち着いた学年になって欲しい。
f0111128_11511537.jpg

学校長は、入学許可の後式辞で①学習に頑張ること②何事にもチャレンジすること③暴力やいじめをしないで心優しい思いやりのある生徒に。そして支えあう生徒になって欲しいと。
保護者に対して、「学校は万能ではない。基本は家庭教育にある。子どもの進路実現のため、家庭で子どもと向き合って手助けすること」と話された。
荒賀PTA会長からは、PTA活動に保護者の積極的な参加をと要請された。私が会長をさせていただいてから8年も経つんだ。時間は思いのほか早く移ろう。あんな立派なご挨拶とても言えていなかったろう。
新入生の片山なおや君が入学の宣誓を、在校生の四方君と吉崎さんから歓迎の言葉が述べられた。
f0111128_11513871.jpg

最後に教職員の紹介があった。S先生が再び綾中へ。懐かしい。娘が中学生の頃も在職しておられた。
f0111128_1152843.jpg
一旦会議室に戻り、その後、新入生の教室での風景を見に回る。机には新品の教科書が堆く積まれ、新品の通学カバンも配布され、いよいよ新しい年のスタートといった雰囲気であった。
f0111128_11522317.jpg

中学校をあとに相生の事務所へ。片付け、近所へのご迷惑の謝罪など、選対幹事長と一緒に処理。

午後1時から議員全員協議会。市役所の人事異動に伴う管理職員の紹介があった。良く知る仲間ばかり。頑張ってという思いでご挨拶を受けた。

全員協議会のあと、総務教育建設委員会が開催され、休会中の所管事務調査として、関西電力から、高浜・大飯などの原子力発電所の防災対策の現状とこれからの対応について改正地方自治法による委員会への参考人招致をすることとなった。期日は、4月20日の予定。

「同様の市の説明会に議員が参加すればよいのではないか」と言うご意見があったが、議会の基本的役割・機能を解っていない議員もいて議会機能の充実は永遠の課題か~。

その後、庁内を回り帰宅は午後5時前。電話が沢山かかってきた。「おめでとう・よかったな~」の電話。「ありがとうございました。皆さまのお陰です。」と感謝の応対。

新品の府議会議員。新品が続いた今日だった。
[PR]

by ando-ayabe | 2011-04-11 23:59 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/15801280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 陽光 疾風・勁草 >>