内憂外患

ここへ来て、一気に国際情勢も緊張感が出てきた。と言うべきか、民主党政権の外交能力のなさが露呈してきたというべきか。

官僚依存をやめ、政治主導ばかりを強調するものだから、官僚からの情報収集もせず、官僚も政治家へ情報報告もしない。ロシアのメドベージェフ大統領に北方4島を奪われかねない。既にロシアと言う国のしたたかさは、明治時代から判っていたところ。日清戦争後の「三国干渉」は歴史でも学んでいる。まさか管総理や仙石官房長官が知らぬわけでもあるまい。

「外患」だけではない。「内憂」も
APEC横浜会議に向けて絶対にオープンになってはならないマル秘情報がインターネット上へ流された。国家公安委員長が「左翼」ではと疑いたくもなる。「韓国で売国的行為を行った事実は有名だが、岡崎トミコ国家公安委員長。本当に国家を守れるのか。過激派が鉄パイプ爆弾をAPECを狙って打ち込んだらしい。国民は安心して眠ることもできない。トップの毅然たる態度なくして、現場の士気は上がらない。

そうかと思えば、酒に酔ってベランダから転落する国会議員まで。1ヶ月の重症というが、まさかその間も歳費が出る?出るか~。情けない。緊張感の無さは末端議員にまで蔓延しているのだろう。

国政を嘆いていても始まらない。
11月1日は、午前中、自治会の交通安全灯設置補助金の交付申請書の提出
市道の占用申請(歩道に防犯灯の柱を建てる)
夏に開催した西町寄席の補助金実績報告。
政治用看板(12本)の設置証票交付申請。
など役所で届けをする。証票をもらい市内に設置してある看板に証票を貼りに回る。
青野町内に設置してある他の市議の看板に貼り付けてある新証票。後援会連絡所の看板に候補者事務所用看板の証票が貼り付けてある。良くやる間違いだがこれって公選法上どうなの?

雨の中、証票を貼って回る。午後は自宅で公民館便りの原稿作成。
午後5時半から理・美容の方々と懇談。

11月2日は、午前中に公民館だよりの原稿を作成。印刷屋さんへ渡す。
午後1時から議会休会中の委員会審査。「振興計画審査特別委員会(田中正行委員長)」の初委員会。今、綾部市のこれからの10年間のまちづくりの計画づくり。市は審議会を開催し素案を協議している。議会でも、内容について特別委員会を編成し、審議している。

午後3時過ぎに第1回の審議は終了。その後議会運営委員会。議会で議決する行政の各種計画に関する条例について。12月議会の会期日程について協議。

続いて、代表者会議。各会派の代表者で、選挙課員理委員会の委員の選任について協議。午後4時半終了。一旦帰宅。午後5時半に市内の料理屋さんへ徒歩で出かける。

午後6時。堀口市議会議員の議員35年の総務大臣表彰のお祝い会を議員親交会で開催。会派政党を超えて、堀口市議の35年間の議員活動をお祝いした。

日常は政治信条の違いがあり、論戦を繰り返しているが、1人の人間に立ち返ったとき、35年も議員を続ける大変さは良く理解ができる。お互い議員として市民の幸せのため、努力を繰り返しており、永年の労苦を慰労するのは人の道だろう。

そこで「35年総務大臣表彰を祝う議員の会」を議会運営委員会で開催しようかと議長に相談した。議長が議員親交会として全議員に呼びかけて開催しようと踏み切っていただいた。

ほとんどの議員と事務局職員が参加してくれて、にぎやかな祝う会になった。時間のたつのもあっという間で、胸襟を開いて言いたいこと、1期生議員さんへのアドバイスなど色々と楽しいひと時だったと思う。皆1年に1回くらいはこんな会があっても良いといっておられた。

議長。事務局と次の店へ行き帰宅は午後11時。京セラ工場長様とばったり。お礼を申し上げておいた。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-11-03 07:57 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/14909684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 文化の日 水天一色 >>