平和の戦士   

2010年 07月 25日

7月25日(日)
昨夜の疲れはとれていた。しかし朝から暑かった。朝食をとって、出かけようかと思ったが、あまりの暑さ。市議選説明会の書類をチェック。原稿を準備する。

午後1時 ホテル綾部。中東和平プロジェクト・IN・綾部・市民大会」が開催された。
f0111128_21362413.jpg
f0111128_2136389.jpg
シャローム・サラームの合唱で締めくくった市民大会
f0111128_21365242.jpg

イスラエルとパレスティナの子ども達10人と引率者2人の合計12人の皆さんが綾部での子供たちとの交流やホームステイを終え、市民400人が出席する中、市民大会が開催された。

戦争で双方遺族となった人たちで、「遺族会」が作られており、そこから選抜で訪日されたようだ。
人間の英知で「平和」な中東を作らねばならないとの大会宣言や市長の挨拶があった。

「理想」を追い求めることは素晴らしいことだし「理想」にどう近づけていくのか、その現実の歩みも非常に重要なことだ。

子供たちから発せられたメッセージはとても心に重いものを感じた。彼らを日本に招待して彼等の世界が変わることは素晴らしいことだ。そのことで中東和平を進める「平和の戦士」となってくれることを祈りたい。

午後4時彼らは京都へ向けて綾部を立った。明後日に中東の現実世界へ彼らは戻らねばならない。

午後5時から6時までご挨拶回り
[PR]

by ando-ayabe | 2010-07-25 21:36 | 議員政治活動

<< 島根県雲南市来綾 禰宜になる >>