夏休み

7月19日(月)
暑い~。出会う人みんなに、「選挙大変ですね~。体調を気おつけて。」「忙しいでしょう」と言葉を頂戴する。議会だよりのTOP記事となる「議会基本条例制定」の特集記事の原稿を仕上げ、MAIL。手紙を3通作成し、室内作業に徹する。8月1日に開催する綾部市合唱連盟の「市政記念日に綾部市歌を歌う集い」の来賓・関係者・報道機関への要請文書を作成。
f0111128_22331768.jpg

市民の皆さん是非沢山お越しください。「綾部市歌」「ふるさとはあやべ」「翼を下さい」「ふるさと」の4曲を歌います。綾部市民として是非覚えて欲しい良い歌です。綾部混声合唱団を初め多くの市民合唱の皆さんが参加されます。初めての人も経験者も市職員も是非ご参加ください。

午後4時から7時まで、若手の皆さんが来訪。段取り協議。情勢検討会議。

7月20日(火)
子ども見守り1学期最後の朝。みんなワクワクして登校。今朝はすぐに帰宅。着替えて、午前9時FMいかるへ。自民党の暑中見舞いの録音をして、合唱連盟の石角修理事長と手分けして文書配布

市議会事務局へ行き、静岡県藤枝市議会への送付文書を持参し発送を依頼。民政・創政会の地域懇談会の報告資料が欲しいとの要望。教育委員会や秘書広報、総務課を回って...

午後2時からは、並松町の「水難地蔵尊祈願祭」に参列。「炎暑」の言葉が相応しいくらい暑い。焼香して、式の最後にいつも頂戴する「アイスクリーム」今年はあっという間に解凍。並松自治会の皆さんも暑い中準備片付け、本当にご苦労様です。子供達も水難地蔵の供養に参列。大槻校長先生にも夏の間気の休まる時もないだろうけれど、本当に子ども達、夏休みの間中、事故のないように、親はもちろん地域社会も声を掛け合って、子どもの安全・安心を確保したい。

ちょうど今日の「天声人語」に書いてある。かつて明治に来日した外国人は異口同音に「日本人の子どもほど社会や大人に大事にされている社会はない」と。しかし、最近は、子育て中の親は、団地生活などで、子どもの泣き声にすら周りの迷惑に気をつけて生活している。」と。社会が泣き声の一つくらい許す社会こそが望まれるのだが。(朝日新聞7月20日「天声人語」をご一読してください。)

正暦寺の萩も大きく伸びている。秋は萩祭り。今年もゆっくりとお参りできるかな~。ぐるぐるっと回って、午後3時帰宅。

夕方5時から1時間半ほどまたウロウロ。夕飯は午後7時。
明日から子供たちは夏休み。ラジオ体操に今年も行こう。済んだら白瀬橋で、朝立ちしてご挨拶の開始。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-07-20 21:55 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/14232106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ラジオ体操始まる。 夏本番 >>