七夕さらさら

7月7日(水)七夕を意識したのは久しぶり。
朝、子ども見守り隊へ。子どもに、話しかけるともう少しで夏休みだ。とワクワクしていた。そういえば、最近午後になると中学生らしき若者が、徒党を組んで、自転車で街をうろうろしている。テスト週間の間くらいは、自宅で勉強をして欲しいものだ。時代が違うのかもしれないが、教育環境も定住条件の一つだ。いくら街が活性化しても教育環境が他都市と比較して悪いようでは、子どものために環境の良いところで住むのは親の必然でもある。

今日は朝から忙しいので急いで帰ろうとしていたら、いつもの見守り隊の御大が、遠くから声をかけてきた。致し方がない。15分間だけお話を聞いた。

朝食後作業をして、午前9時半。吉美の円山スポーツ公園へ行く。今朝は、綾部公民館のサークル部の講座「いきいきグラウンドゴルフ教室」毎年参加している。総務部長でもあり、広報の取材も兼ねて参加した。参加者は26人。グラウンドゴルフで交流をする。ご挨拶をそれぞれ参加者にさせていただく。
f0111128_20561823.jpg

f0111128_20564125.jpg

2コース回って、1時間半皆さんと楽しんで、ひと足先に帰らせていただいた。午前11時事務所へ
行こうとしたら、田町の吉田さんから「留守の間に来てくれていたんやな~ありがとう。ところで、以前貰った水路の泥上げの袋が無くなったので貰えないだろうか」との要望。確か1年前、市の監理課で対応してもらった件だ。国有(今は市有)里道・水路の管理は地元でお願いしているが、大きな水路に関しては要望に応じて、土砂入れの袋を供給してもらっている。
f0111128_20581759.jpg

今すぐに持ってきて欲しいとのお声。自分で市へ行き袋を貰って、現地へ行く。現地では足の悪いお年寄りの女性が水路へ入って藻や土砂を揚げておられた。大変だ。早速袋を渡してお話を聞いた。「何かご要望があったらお聞かせください。」女性「私は、以前あんたの伯父さんに世話になったんや」とご挨拶。
f0111128_20583541.jpg

吉田さんが「田町の清水」安藤君知っているか?「綾部に長いこと住んでいますけど、知りませんでした」凄い。大本の長命水の清水と同じような地形的な位置にこのような湧き水があるとは。
f0111128_211866.jpg
f0111128_20595938.jpg

常に湧き水が出ているし、雨が降ると、土砂がどんどんでてくる。このツ水路の維持管理も大変だ。沿線住民皆で管理している。

寺山の湧き水に違いないが貴重な歴史的遺産だとおもう。常に水が湧き出て流れていた。
色々要望を聞きお別れした。

事務所へ戻ってからは、お昼ごはんをおにぎりを食べながら、帯封作業をして午後3時。公民館へ寄って、「まなび通信」の原稿を貰って帰宅。議会事務局へ議会だよりの原稿をメール(今朝0時4分に送信しているのだが、届いていないとのこと:私のデータは何処へ?)
7月号のまなび通信の原稿を完成させる。7日早くできた。何事も早い目にしておくこと。今の時期大切かな。

午後7時半夕食。入会ハガキのお礼状・名簿作成。夕食は、「万願寺トウガラシ焼き」うま~い。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-07-07 20:58 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/14141155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< おんころころ まとうぎ そわか  第15期市議会終わる >>