第15期市議会終わる

7月5日(月)
6月議会最終日。朝の通勤時に川糸町の「地蔵様」にお参りして市役所へ。地蔵浅間に4年間守っていただいて無事、議員を4年間勤めることができました。ありがとうございましたとお礼の参拝。この地蔵様は、私の子供の時から守ってくださっている守護神だ。

議会は全員協議会から始まった。2日で提出された上水道条例量水器使用料等を徴収しない条例案についての質疑があった。

私は、本会議で質疑するのではなく、全協でして欲しいとの議長の意向を受け、提案者である吉崎久議員にこの改正で、水道事業会計に将来にわたって影響することがないという見通しを立てているのか?将来見通しや財政見通しを把握した上で提案しているのかについて聞いた。回答は、「現在の利益剰余金の状況を見れば当面量水器使用料を徴収しないこととしても問題がない」と答弁。2回にわたって質問をしたが答弁は抽象的で具体性に掛けていたため、本会議で賛成をしないことにした。

9時40分から議会本会議が開催され、24件の議案全件を全会一致で可決した。共産党議員団から提出の上水道条例の一部改正に関する議案は賛成少数で否決された。

最後に議長から第15期市議会閉会に当たって、感極まったご挨拶があった。また、市長からも第16期市議会議員へのお別れの言葉があった。引退される方再度挑戦する方々。それぞれ思いは各人異なるだろう。しかし、この2年間議会改革の流れを一気に進め、議会基本条例を議員提案で策定できたことは、私にとって大きな異議のある4年間だったと思う。

大変おこがましいことだが4年前、部長を辞してまで議会に出た理由の一つでもあった「議員力」を向上させるためのいろいろな仕掛けも取り組めることが出来た。そして議員の皆さんも、議会の真の役割や議員自身の資質の向上に取り組んでいただけたことは大きな意義があったと思う。

これからも引き続き片山教授が話されたとおり、「議員力」「議会力」を高めるための仕掛けをしなければならないと思っている。市民の付託にこたえるためにも議会の役割、二元代表制を名前の通り実行するためにも私は身を粉にして取り組んでいこうと思っている。

午後次期市議会議員選挙に出馬される議員の新聞各社の写真撮影があった。
午後1時半から支部選対事務所で、あやべ太陽の会の帯封作業。2時半から西田昌司参議院議員の事務所訪問を受け討論会。山崎市長も交えて意見交換をする。なかなか聴きごたえのある話だった。

午後3時半から5時半まで比例候補の街宣車の先導。

午後6時から第15期議員民政会・創政会・公明党議員団の慰労懇親会。

7月6日(火)
午前中は、前夜の疲れで胃痛。「いつ~」
入会ハガキの作成。午後はお寺へ行き、西町寄席や鬼子母神大祭の清算(支払い)に回る。午後4時お寺に回りすべての清算を終える。

午後5時からは雷雨。ブログの更新をして、6日分を一気に作成。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-07-06 21:10 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/14134023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 七夕さらさら 北部合唱交流会 >>