あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

サムライブルー

6月25日(金)
曇り空の朝「日本ちゃちゃちゃ。テレビ見た人。」と信号待ちしている子供達に聞いた。20人くらいいる中で、3人くらいの子どもが「見たけど眠た~い」とはにかんだ。「日本が勝ったんやで元気で登校だよ。お早~う」と送り出した。

凄いシュートだったな~と今更に何度もテレビ見かえしている。こんな時には若者も、日本国旗を意識しているのだな~と改めて思う。国旗を掲げ、人によってはほっぺたに日の丸を書き込んでいる。市議会の議場に国旗を掲げていないことを改めて違和感に感じた。国会で議決された国旗を掲揚することに何の異論も無い様に思う。小中学校の卒業式では、国旗に礼をして式が始まる。

午前9時議会へ。予算委員会総括質疑。今日は、議長を除いて全員が質問。午後5時までかかって質疑が繰り返された。

私は、「資源回収保管庫設置補助金の実績」を聞き、推進のための市や推進団体の取り組み状況を聞いた。「2年間で13件の実績」報告。思ったより取り組みが弱い。青野町自治会は設置から2年が経過してどんどん紙資源がリサイクルされているが、他の自治会はどうなのか。リユース、リデュース、リサイクルとPRしている割に市民は乗っていないのではと。

青野町では保管庫だけでは収まらないから公会堂の廊下一杯になる。自治会回覧で毎月月末の日曜日に資源回収する。住民の皆さんも協力的。
味方町でも既存のストックハウスを利用して取り組まれているが、今回補助事業を活用して拡充されようとしている。自治会長さんから「大きな自治会での複数設置が補助対象にならない」との苦情が。意欲的に取り組んでいる自治会の気持ちを大切にしたい。取り組んでいない自治会とには大きな意識の開きがあるのではないか。市や環境市民会議は、計画より取り組みが弱いのなら、PDCA評価して対策を講じていくべきだと思う。課題は解っているはずだ。対策を講じても市民が取り組まないのなら、別の道があるかも知れない。

そのほか、綾部・八田中学校の完全給食のあり方について検討会議が設置されるとの本会議答弁を得て、「検討会議の設置時期、検討内容、検討結果の公表」などについて質問をした。この機会に、永年の議論に結論を出すような検討を願いたい。アンケートで保護者の声を聞いて、将来のことも考えながら、食育の観点や学校現場の実態。保護者(市民)の要望などを把握して「万機公論に決す」る状態にして欲しい。生煮えは絶対に腹痛を起こすことになる。

最後に社会教育委員会が定めた「めざす人間像」について取り組みの展開・定着化への取り組みを問うた。綾部公民館や綾部小学校のPTA地域懇談会での実践経験に基づいて質問。

夕方、テレビを観た。ブルーのシューズやシャツが売れているとのこと。サムライブルーのお陰だ。サッカー特需までは無理かも知れないが、ミズノの本田選手がはいているシューズも売れているという。なんでも無回転シュートができるシューズとか。日本の技術はやっぱり世界1だ。

一番はやっぱり大切やな。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/14055619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2010-06-26 00:35 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)