レクリエーション体験

6月9日(水)
今朝は、登校児童の中に、登校を嫌がる子どもがいて、登校を諭すが、何があったのか「登校しない」と言いだして、見守り隊の大人が困ってしまうことがあった。近くで働く青年が「マーそんなことがあっても良いわいな~。僕らもそんな時があったな」とお話し。そうだな~子供の頃の自分をふり返ってみたら、そんな時もあったかな~。と大きな心で受け止めることにした。学校へ行けと叱咤激励するばかりでは、子どもの気持ちは変わらない。何処かに学校行きたくない出来事があったのかもしれない。見守り隊のお母さんが「ほないっぺん家にかえろか~」と優しく送ってくださった。
 ついつい大人は「まだできないの?」とか言って子どもにプレッシャーをかけることがある。先ほどの私もそうだった。「学校へ皆と行こうや。遅れるで。勉強も遅れてくるし」これでは子どもの心は開かない。青年のように「ま~そんなときもあるわな」と大きく抱擁して上げることが大切なのだろう「ムリしなさんな」と、明日もあると大きな心で、接しなければと改めて自分自身の未熟さを再確認しました。

朝食後、午前中デスクワークに専念。分析資料を作成。今後の参考にしていく。

昼食後1時から2時半まで暑かったが、川糸・綾中へ。
帰宅して、しばらく休憩。午後3時半から市民センターで開催された「綾小遊びの城サポーター会議」に出席。約40人の方々が参加。澤田公民館長さんから「レクリエーションで活動の広がりを」と題した、レク体験をさせていただいた。いつもながら澤田館長は参加者を楽しくレクに導いてくださる。中筋地区や西八田地区からも参加されにぎやかで和やかな会となった。

2時間があっという間に過ぎた。紙パックを再利用したブーメランやチラシで飛行物体を作ったり、チームゲームをしたりと和やかで、参加者が仲良くなる楽しい会議だった。

午後5時に議会事務局へ立ち寄り、議会記念講演会の開催チラシを見る。とにかくPRに努めねば。
その後公民館だよりの原稿を印刷屋さんへ取りに行く。

午後6時から、保育園の運営や行政のかかわりに関して関係者との懇談。帰宅は午後9時。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-06-10 00:35 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/13932049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< あつ~ッ 6月議会スタート直前。 >>