首のすげ替えでリセットは無いで

6月4日(金)
今朝も同じ行動です。朝の見守り隊。ちょっとゆっくりと思っていたら、涼しい内に行動すれば?との奥さんのお勧めで、9時前から12時過ぎまで。午後も2時から午後6時まで、ご挨拶回り。2期目は自分自身でお知り合いを訪ねる。ご意見もお聞きしながら夕方6時半帰宅。
f0111128_8175074.jpg


既に新人の方々は動き始めておられるようだ。私も追いつかねば。

くたびれたが、久しぶりにダイエット出来そうな気もしてきた。

テレビでは、菅直人氏が総理に就任したとの報道。民主党の黄門様、渡部恒三代議士がテレビで「これで、陳情の幹事長室一元化と言う馬鹿な政策が辞めにできる」と話していた。よく言うわ。かつての盟友だろ。盟友の小沢さんが誤まったことをしていて止めさせる事も出来ない。

確か、3月市議会で、新政会の議員が、山崎市長に「陳情は、民主党第5支部へ一元化することになるが陳情が楽になると思うがどう思うか。」と綾部市議会で質問・陳情の民主党第5支部長への集中を強要していたが。今となっては、あの質問はなんだったのか?

2年前に、道路特定財源の一般財源化でも共産党と新政会の議員は一般財源化を進めるべきだと主張していたが、今になったら、一言も言わない。後期高齢者医療制度の廃止に関しても、新政権になったらただちに止めると言いながら、未だに止めるどころか、長妻厚生労働大臣の首さえ飛びかねない。この一貫性の無さは、彼等の独特のご都合主義に他ならない。

今となったら、そんなこと言ったか?と言わんばかりだ。私は絶対に忘れないし、今後市議会や各級選挙で糾していきたいとさえ思っている。普天間問題にしても、自民党が進めてきた14年間の血と汗の努力を卓袱台返しのようにひっくり返しておいて、毎月1500万円のお小遣いがあるからか「ごめんなさい総理辞めます」ですむこの国の政治。インターネットカフェで寝泊りしている若者が一方でいるというのに。無責任政治家を国民は忘れてはいけない。トップが替わって、「リセット」されたと思っているようだが。絶対に忘れてはいけないのだ。

政治家は形容詞で市民・国民をごまかしてはいけない。出来る事、出来ないことをごまかさず説明するべきだ。できると約束したら命を賭して実行しなければならない。あれだけ国外県外移転と表明しながら出来なかった鳩山氏を含む民主党は、当然その責めを国民に負うべきではないか。マニフェストで騙して国民の票を掠め取ったのだから。首のすげ替えで、リセットしてはいけない。

国民の税金を頂戴して国民のための政治をおこなわなければならない政治家。「無私」で働く政治家は何時になったら現われてくるのか?菅総理は市民派だということで、テレビ報道も期待感が現われた報道がされている。政治は一方で数の論理も働く。参議院議員選挙では一党の暴走を抑えるためにも、野党に頑張って欲しいものだが、そうなると9月の代表戦で小沢氏がまた蠢いて、菅代表の首をすげ替えてしまうのだろう。一体国民のための政治は何時になったら取り組んでもらえるのか。若者の就職状況は厳しいままだ。高齢者も退職を余儀なくされて、職も無く困っていると言うのに。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-06-04 23:30 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/13890496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 地域主権は金看板 形容詞の政治家 >>