あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

普通の国以下

5月20日(木)
いつもの朝。午前中はデスクワーク。午後3時からホテル綾部で木下議員とホテルの四方さんとパーティの事前準備。

京都府がホテルで「地域戦略会議」を開催されていたようだ。北部地域の地域活性化戦略を協議されていたようだ。どのようなメンバーだったのだろうか。トータルなイメージ作りだろうか。地域の活性化事例を見るにつけ、活性化事例は現場で起きている。地域のリーダーがコツコツと仲間作りの中から生まれている。現場で実際に売ったり買ったり準備したりする中でこその勢いはついてくるものではないかな~。

朝鮮半島が緊迫化している。いよいよ沖縄の米軍の役割が重要になる。社民党の非武装中立論が如何に絵空事か、こういう時にクローズアップされる。

マスコミは危機に対する報道をあまりしない。安倍総理時代。「防衛庁」を「防衛省」へ昇格した時、フィリピンのアロヨ大統領が「賛成の評価」をしたが、そのニュースを掲載したのは産経新聞だけで、どこの新聞も大東亜戦争の評価に繋がる恐れのあるフィリピン大統領の賛同のコメントを掲載しなかった。

朝鮮半島は、明治期以降のロシアの南下政策や宗主国中国の圧力にさらされ、常に緊迫している。150年にもなるのに同様だ。その間に日本がその圧力を解放した時期はあったが。「アジアの火薬庫」は常に中国・ロシアに隣接した地域だ。アジアで一番安定していた「タイ王国」でさえ、中国傀儡のタクシン元首相派政党(赤いシャツを着ている方)が暴動を起こして政情不安を招いている。チベット問題も、アフガニスタンもロシアの南下政策の結果だ。北朝鮮関係では中国の宗主国としての役割を全く果たしていない。

このような歴史的・現実的な世界情勢を「小鳩」政権のんびりやっているから、アジア諸国の日本に対する期待に応えられていない。

国内政策でさえ、政権ボケか「口蹄疫」や危機管理に対する対応が取られていない。
選挙の今年か考えていないからそうなってくるのだ。

小沢さんが唱えた、国連中心主義の「普通の国家」いかになりかねない。
国連中心主義でさえ屈辱の何者でもないが。

夕方、10組の有志の方が、呼んでいただいた。少しお話をして合唱の練習に行く。帰宅は午後10時
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/13764709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2010-05-21 09:02 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)