火渡り神事

5月5日(水)
朝から良い天気。午前10時、紫水ケ丘公園内にある「秋葉大権現」の火祭りに出席。毎年参加させていただいている。味方町自治会が開催。幸通の三光不動の導師さん・修験道の皆さんで護摩焚き、熱湯被り、火渡り等の荒行が披露された。最後に参加者も加わって、火渡りも行われ、火を大切に扱う、火事にならないように祈りを奉げた。
f0111128_20261352.jpg
西村副自治会長の司会で開会
f0111128_20262788.jpg
f0111128_20264062.jpg
f0111128_20265935.jpg
f0111128_20271623.jpg
導師様から火を大切にしてくださいとご挨拶。そのあと川北神社総代さんからご挨拶。自治会の皆さんが善哉や抽選会など楽しい催しをしていただき、参加者も楽しく休日を過ごしておられた。例年よりも多くの人で賑わったようで相乗効果ありです。同じ公園内で開催された「水源ファミリーフェスティバル」にも子供連れや若い人たちが紫水ケ丘公園でふれあいを満喫していた。
f0111128_20272934.jpg

祐史君の案内で模擬店めぐり。戸村さんのお店で「ホットドック」(¥300)と、その隣で「レスカ」(¥200)を飲み、花山さんで「煮込みホルモン(¥500)」を食べた。ノリ~さんが美味しいドリンクを注文。ウ~ム。車に乗ってくるんじゃなかった~。悟君のミニレールも凄い。子どもは目を丸くして喜んでいた。ボランティアで協力していたグッチ君から「倶楽部あやべ」のHPを立ち上げたとの話を聞いた夜に開けてみると凄いじゃないか。綾部市を愛する市民それも若者達がこんな素晴らしいHP立ち上げていたなんて。皆さん是非御覧になってください。お店の人はリンクを張ってください。
水源ファミリーの皆さんも若い人を中心に「子育て・親子の絆」の課題に取り組んでいる。私たちの子育て世代の時には、JCや青年連絡協議会(青年団)がその役割を果たしてきた。今は組織化を好まない若い人が増加した。自分流と言う人々も増える中で、少子化も・ディンクスもある。社会が変わってくる中で自由な集まりとして水源ファミリーの取り組みはかつてを甦らせる原動力になるかもしれない。

まだまだ公園を見たかったが1時過ぎに来客がある。後ろ髪を引かれる思いで12時半に帰宅。急いでPCで名簿データーをアウトプット。

13時30分木下議員が来訪。感謝の会の名簿をチェックして、対応を協議し、うろうろ動き回って午後3時半。青野のローソンで綾部太鼓のイッシー信さんとアイスクリームを食べながら世間話し。帰宅したのが午後4時過ぎ。汗だく(つゆだくではない)で涼んで、夕食に無性に焼き飯が食べたくなって遠出。帰宅は午後7時。その後写真データをコピペするのを忘れていたので急いでコピぺして送達。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-05-05 20:27 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/13623227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 地域課題 真夏日直前 >>