あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

ボランティア人口2350人

4月28日(水)
今日は忙しい日になりそうです。朝から登校見守りを済ませ、8時過ぎには議会議長室で「発起人会議」名簿・素案を協議し午前9時40分終了。帰宅して名簿修正・案内ハガキの原稿作成などをして、午前11時綾部駅で5月12日からの創政会の東京研修会の切符入手。議員1年目は政務調査費の会計・研修日程の手配など雑巾掛け仕事をしなければならない。先輩議員もおそらくそんな仕事をされてきたことだろう。

その後12時過ぎ案内ハガキの原稿を印刷屋さんへ。話し込んで午後0時半急いで帰宅し昼食。
午後1時半から市役所第1委員会室で「あやべボランティアセンター平成22年度総会」に出席。私は、綾部市囲碁連盟幹事長として総会に出席。ある団体の代表者から、運動方針案に関して質問があった。「政治不信」という、あまりにボランティアとかけ離れた文章に違和感を感じられたのだろう。93団体2300人のボランティア団体の市民の皆さん。素晴らしい集まりだ。それぞれが、無報酬で自分に出来るボランティア活動をされている。報酬を貰ったら、それはボランティアでなくなってしまう。実費と見るか報酬と見るか。多くの団体が、自分のできる時間で無報酬でボランティアしておられるのだろう。でも、材料費やガソリン代、機材の損耗費など活動実費が出せるところと、まったくの手弁当で活動されているところと様々。理想は、実費は活動を長続きさせる上では必要なのだが。

午後3時。総会後の研修を欠席して、市民センターで開催された平成22年度綾部小学校「あそびの城」第1回サポーター会議に出席。約30人の皆さんが集まっておられた。今年は現在までで119人の申し込み。5月26日から遊びの支援をすることになる。1年に数回の会議。1学期の班分けやあそびの種類の相談。作業の方法を協議。じっくり議論した。民生委員協議会の皆さんのお力添えで、順調な運営がされている「あそびの城」活動。子供たちのすこやかな成長を地域の大人たちが支える。一昨年までは私も含め公民館の方々や保護者でサポーター活動をしていた。人員不足で充分なことが出来なかった。澤田館長が民生委員協議会に声をかけていただき、ご協力願えることになった。昨年は耐震工事の関係で、変則的だった。私も議員活動が忙しくまったく参加できなかった。今年は時間を作って少しでも協力しようとサポーター会議に出席した。皆さんニヤニヤ笑って「本当に参加できる?」「頑張りマス!!」「よしよし」で読み聞かせ・紙芝居をやることに。
f0111128_19143054.jpg

午後5時20分会議は終了。午後6時大先輩の紀美江姉さんに誘われて山ちゃんへ。彼女とは市役所でも共済組合活動で世話になった。合流されたYさんご夫婦。楽しいひと時を過ごさせていただいた。イデオロギーのことや地域づくりのことなどいろいろ教えていただけそうでわくわくする。色々な方との交流は、議員活動の肥やしになる。考えをお聞かせ願う。そしてそれも参考に議員としての動きを作る。「片方聞いて沙汰するな」

帰路「NASSO」へ立ち寄る。落ち着いた店内だ。ホッとする。何人かの来店者とお話しし帰宅は0時。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/13568175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2010-04-29 19:13 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)