失望   

2010年 04月 12日

4月12日(月)
朝から雨。菜種梅雨かな?子供達を見送って、議会全員協議会へ。市役所の人事異動の部課長さんがご挨拶。その後、教育委員会学校現場で発生した極めて「破廉恥」な事象の報告を聞く。

「すべての大人が教育者に」綾部市の教育方針が空疎な文字の羅列に見える。
子ども達の健全な育成を見守っている多くの市民に対する背信行為以外のなにものでもない。

教育者はそれだけ大変重要なヒトの成長を支える職業。当然高い倫理観と高潔さが求められる。それを師とし範としてヒトは育っていく。厳しい職業倫理。その覚悟がない人はヒトを教え諭す職業につくべきではないとさえ思う。

大きな失望を感じた日。涙雨のように終日雨が降り注ぐ。

全員協議会の後、議会基本条例制定へ向けて最後の調整。昼までかかったが、いよいよ議会の議会たるべき条例案を市民に公開する。行政に関わり法制執務を学んできたその成果が議会基本条例制定にも活かせたことは意義深い。

午後3時から5月に開催の祝賀会の関係代表者と協議。午後5時帰宅。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-04-12 23:00 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/13398537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< シダレザクラ もう一つの祭り「蚕祭り」 >>