議会版タウン・ミーティング開始

3月10日
予算委員会総括質疑が終了した。議員は今夜から始まる議会タウンミーティングの開催のため、各地へ。
今日は、2会場で開催される。第1会場は中上林地区と奥上林地区を対象に観光センターで『議会地域懇談会』担当議員は、堀口市議(共産党)塩見市議(創政会)高橋市議(民政会)安藤(創政会)の4人。

f0111128_12253532.jpg
もう一つの会場は、西八田・東八田地区を対象に農村婦人の家で、開催。
担当市議は森市議(公明党)川北市議(民政会)白波瀬市議(新政会)搗頭市議(共産党)
会派を越えて市民の声を聞きに行ったのは、市町村合併の懇談会以降初めての取り組みだ。この取り組みを来年度以降1年に1回は実施するという画期的な取組。各会派の議員さんの協力なくしては出来ないこと。粘り強く議会改革委員会で協議して、全員協議会などで、議員全員が同じ目線に立っていただいた結果。
f0111128_12255062.jpg

懇談会は、議会が9月に実施した「市民アンケート」の報告。そして6月議会で議員提案で制定する「議会基本条例」の説明。そして意見交換。

私は、観光センターへ参加した。自治会長さんのご尽力で、約30人の皆さんにお集まりいただいた。夜分のしかも寒い中お世話になりました。

色々なご意見を頂戴した。水源の里の振興方策や上林全体を議員はどう思っているのか?あやバスの問題、高齢化が進んで地域維持の不安。小学校の統合問題。市街地のことだけでなく市域全体のマスタープラン作りなど。

貴重な意見ばかりだった。それらにどう答えていくのかについても議会として行政として考えていかねばならない。そんな会議だった。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-03-12 10:17 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/13077710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 永住外国人の地方参政権に関する... 予算委員会総括質疑 >>