課題解決力

2月26日(金)
「課題解決力」と言う言葉が最近使われる。課題は一つのことをなしても次から次へ生まれる。課題を一つ一つ、丁寧に迅速にすすめていくことはそんな組織でもどんな場合でも重要だろう。課題を解決するのもしないのも、『課題』を『課題』と認識するのか。『課題』と認識しても、解決しようとする個人・チームの意欲や謙虚さが無ければ解決する速度も違ってくる。

急ぎ解決しなければならないものか。時間を置いて解決するべきものか。私は、できるだけ早く処理して次へ進みたいという性急な性格だが、なかなか「体と頭が付いて来ん」気ばかり焦るタイプで失敗の連続。(反省)008.gif

朝子ども見守り隊終了後、2月28日(日)午前8時から二宮神社で実施される綾部分団実火災想定訓練への見学案内を青野町自主防災会委員50人にチラシを配布。

午前9時半からは、議会運営委員会。3月1日に開会される市議会本会議の議会運営内容について協議。人権擁護委員と固定資産評価委員等の委員選任同意の説明など。全員同意で終了。引き続いて、議会改革委員会。3月10日11日12日に開催する議会・地域懇談会の進行・説明内容について協議。資料を作っていったが、説明が難しいのではとのご意見。説明時間も長いとのこと。課題をたくさん提示いただいた。説明資料を「図化」してはとのご意見。期限は3月1日まで。早急にやり直さないといけない。これも課題解決力。木下幹事長から良いアドバイスをいただいた。003.gif

議会は、議員の総合力の場。1人が突っ走っても議会組織は動かない。色々な考えの代表者の集合体だ。「期が熟す」という言葉がある。要はその「期」を早く熟すように不断の努力と辛抱・調整力が必要。また「言い放かし」と言う言葉がある。言った言葉は重い。言った言葉には責任を持つこと。地道に丁寧に言ったことの実現のため積み上げることが信頼を得て目標へ到達することに繋がる。議会改革の道筋もそんな流れで進めてきた。006.gif

会議は午前中続き、帰宅は12時。味方自治会長さんから『味方町の国道27号の子ども通学路上の横断歩道の水溜り解消について』国土交通省が早速対応してくれた、と御礼の電話。木曜日に要望書を国道出張所へ持参したら、早速対応していただいたようだ。国も課題解決力素早い。049.gif

帰宅して、3月議会で課題となる『選択的夫婦別姓制度』に関する資料作成。地元の卓球同好会の決算書作成。夜は、自治会組長会議。1年間の組長手当の支払い。組長慰労会の会場日時が急遽変更。組織トップの判断力はこんなところにも現われる。年度末の週末はどこの料理屋さんも一杯。ま~これも課題解決力ですか。すぐに日程・会場の変更。当初予約の料理屋さんにはご迷惑をかけた。1ヶ月先の予約なのでお許しください。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-02-27 09:12 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/12959345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 地域主権? この陽気は? >>