良い報告

12月16日(水)
今朝は、7時前に目が覚めた。すぐに電話。意見が聞きたいと思った。「進む方向に誤りがないか」
少し安心した。約1時間。朝食もそこそこに事務所へ。午前中、市内企業訪問。優良企業でも厳しい受注状況に、如何にウイングを広く持ち、世界をも視野に入れた知識と経験が商工行政に必要か再認識。企業経営は、1地方自治体に留まらず全国各地、場合によっては世界と取引する。そんな時、広い知識経験。世界的な知識が政治に必要か改めて再認識した。

移動の車中で「ドバイはどうなっとんの?」と聞いた。「ドバイの石油は枯渇していて、金融で生きようとしたが失敗した。しかし、ドバイショックにならないように、お隣のアブダビが潤沢な資金を貸して当面の危機は脱するのではないか」と判り易く話してくれた。同じ報道を夜の7時のニュースで放送していた。10時間早く教えてもらった。やはり世界経済を知っている者は凄い。これを行政に活かさない手は無い。

その後、事務所へ戻ってパソコン作業。送付作業。手持ちで市内を持ちまわる。哲ちゃんが協力を買ってくれた。ありがたい。車中で色々トーキング。

事務所へ帰って、引き続きパソコンで発送作業。電話してお願いして、皆は物部へ向け三々五々出発。今日は地元対応のため別行動。戸締りして7時帰宅。奥さんがあったかい夕食を準備してくれていた。「鮭のクリーム煮」カロリー考えてくれて「大根と小芋の煮付け」食事をいつしたか忘れるような毎日。久しぶりに30分座ってご飯が食べれた。

7時半から9時半まで青野町の「語る会」成功へ向け幹事さんと準備の協議。みんなで頑張ろうと分かれる。
帰宅してしばらくして物部から良い報告が帰ってきた。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-12-17 00:39 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/12503703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 冬色 電話の一日 >>