あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

12月期末手当

12月10日
午前9時半から、議会予算委員会が開催された。
総額1億2百万円の補正増。主なものは、職員給与費の減額58百万円。など
補正予算の説明に先立って、今回の給与の削減についての説明と12月期末手当などの説明があった。

人事院勧告に基づいて、12月期末手当の支給額の減額が行われた。総務委員会では、給与条例の一部改正について審議し、全員一致で可決した。
今日はそれに基づく補正予算。

12月期末手当の支給について
支給総額3億1651万円(職員+議員)税込み

市長   185万円(対前年度比△113千円)
副市長  151万円(同△92千円)
教育長  134万円(同△82千円)
一般職員  78万円(平均)42.8歳(同△60千円)
新入職員  38万円(大卒)

議長     89万円(対前年度比△54千円)
副議長   78万円(同△48千円)
一般議員  72万円(同△44千円)

概ね5.7パーセントから7パーセントの前年度削減となっている。この額が多いか少ないかは、市民の皆様の判断にお任せします。

民間では平均17パーセントの対前年度減少に対して公務員は最大7パーセント。まだまだ公務員の環境は良いと言わざるを得ない。よく言う民間企業は儲かったら、公務員の比ではないくらい高額のボーナスを貰う。と言うが、田舎ではそんなことは全く無い。ハイリスク・ハイリターンが民間。しかし公務員はローリスク・ハイリターン。よほどの失態がない限り失業しない公務員一般職。納税者に感謝して頂戴し、少しでも市内消費することこそが市民への税の還元に繋がる。商店では売上が減ったり、デフレで、利益が減少して本当に困っておられる。
そんな中支給される公務員のボーナス。この半年間。支給額に値する仕事が出来たかどうか、自己診断し明日から一層職務に精励したい。

議員にも言えることで、議会で質問する議員。しない議員。調査活動を活発にする議員。しない議員。議員も色々と言ったのは小泉さんか。市民の負託にこたえるためにも、与えられた権限を行使し、議員の役割、議会の役割を全うしなければならない。

そんなことで、補正予算もほとんど職員給与の減額がほとんど。

その他の補正予算は
障害者自立支援法介護訓練給付費94百万円の増加
豊里幼児園整備補助事業費23百万円の増加
全国瞬時警報システム整備事業費(Jアラート)9百万円の増加
農林災害復旧事業費25百万円
小さいことだが、保育園・放課後学級・幼児園などに加湿器補助が計上されている。このまま予算が通過して年内に納品できるだろうか?新型インフルエンザが再び流行し始めている。、

そのほかに専決処分で、新型インフルエンザ予防接種費用の経費計上について報告があった。

午前11時委員会は終了した。その後、一旦帰宅し、昼食後事務所へ。綾部旧町内を東奔西走。涙が出るほど嬉しいことや涙が出るほど悔しいことをかみ締めながら、今日も活動できた。

午後7時半。13日の市民合唱祭の最後の練習。綾部混声合唱団の最後の練習に参加。
午後9時半終了。帰宅。電話対応。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/12470134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2009-12-10 23:27 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)