あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

一足先に12月・議会開会

11月24日(火)
24日から12月市議会が開催された。
朝はいつもどおり子ども見守り隊。議会へ午前9時に行く。会派の会議を経て、本会議開会
議案第65号だけ別件審議することになった。急ぎの議案。11月中に議案の処理をしなければ12月1日現在の給与や期末手当に影響をする。内容は「綾部市一般職員の給与に関する条例等の一部改正について」

民間給与が減額され、公務員との給与格差が開いたため、先ごろ人事院勧告が行われ、公務員の給与期末手当を減額することになった。もちろん市長・議員も期末手当は減額されます。既に議員市長は報酬の5パーセントを減額しています。

先ず①毎月の給料の減額で、平均0.2パーセント基本給が減額になる。およそ月1千円程度の減額。若年層は減額にはならないが、7等級は0.3パーセントの減額。基本給が40万円の人なら1200円と言ったところ。12月の給与支給から減額になる。市民感覚では、まだまだ減額幅が少ないように思えますが、従業員50人以上の事業所で調査したところ0.22パーセントの差だったとのことです。

②自宅を新築したり取得した職員の住居手当2,500円の支給廃止。対象者は24人。
③市長ほか議員も、一般職も同様だが、期末手当の削減。6月にも減額したが、12月にも減額になる。
一般職員は6月と12月で0.35月の減で、平均13万円の減額になる(内7万円は6月に減額しており12月は6万円程度の減額)

特別職は一般職と異なり勤勉手当がないので、減額月数は0.25月(6月は0.15月12月は0.1月)の減額。したがって期末手当の支給月数は1.65月になります。

午後はこの件で総務委員会。市民は今回の景気悪化で、本当に苦しんでおられる。ボーナスが出ないところもざら。明日から仕事が亡くなる人もいる。商店街も大変な不況。委員会では質疑に入り、市内消費が喚起できるよう職員の手当の一部を商品券として替えるとか、市内消費促進を提案した。。市の担当課長は、「職員には法律上現金支給が定められている。商品券などでは支給出来ないが市内で消費を啓発する。」との答弁だった。職員さんだけでなく私達特別職もその給与が市民や国民の税金で賄われていることを認識していただき、市内循環をお願いしたい。

委員会では全委員が給与減額する条例の一部改正に賛成し、委員会は終了

午後は1時から「公民館役員会・運営委員会」午後3時まで。その後事務所へ行き協議。

夜は、自治会の三役会。午後9時終了したが「昌志さん」宅でお話を聞く。帰宅は11時。
今日もくたびれた。

11月25日(水)
今朝も見守り隊は忘れずに。9時ギリギリまでパソコン作業。
午前9時。議会運営委員会。12月議会最後の市長退任の議会挨拶に関して、議会としての対応について協議。それぞれ会派に持ち帰ることになった。私は、会派がそれぞれ「慰労?お別れ?の言葉を述べるのではなく二元代表制の一方の代表者が退任するのだから、議会として議長が代表して慰労の言葉を述べればどうかと提案した。

会議は終了し、ただちに本会議が開催され、前日の給与改正条例案の採決が行われ、全会一致で可決しされた。議会は10時終了。会派の合同会議後議会だより編集委員会が開催された。

編集委員会では、1月発行の編集内容について協議。選挙の関係もあり、写真掲載について意見を述べておいた。議会だよりの発行が選挙前になるため、候補者となる予定の人の写真掲載は問題があると指摘。これまでの市長選挙でも同様の自粛がなされており、候補者となるものは写真掲載を辞退するのが本筋だろう。

ごごは、一般質問の通告書質問内容の整理のため、自宅で作業。夜までしっかりとかかった。午前2時まで。

11月26日(木)
今朝は暖かい朝だ。いつもの通り見守り隊へ。
前夜に議会事務局へメール送信した。「一般質問通告」に基づいて担当課長さんに質問内容を説明し、答弁書を作ってもらうことの参考にしてもらう。。質問通告内容は次のとおり。

≪都市農村交流≫
○「都会暮らしの綾部ファン」との交流促進について
・本市の都市農村交流全般を通じた実績評価について(産業や文化、教育、市民交流について)
・「綾部人脈・綾部ファン作り」の必要性
・「綾部人会」の交流促進の効果と綾部市民の心構え
・農村地域へ移住した人の実績と地域との「絆」づくりについて
○農村交流の留意点
「みろくビレッジ」農村地域への移住と地域住民の理解について
・行政が関与する基準

≪少子化対策≫
○次期「あやべっ子すこやかプラン」について
・現計画の目標年度(21年度)の達成度は
・次期計画策定に向けたアンケート調査からわかるもの
・綾部市の少子化の実態から次期計画に盛り込む「柱」は
・保育協議会など現場からの声をどう生かすのか

≪行政改革≫
○更なる行財政改革と事業仕分け
・国の事業仕分けに対する見解と本市の事務事業評価について
・更なる事務事業の見直しは(たとえば特別職旅費見直しや団体事業補助金の見直し)
・事務事業評価作業に外部委員導入や公開はどうか。

ヒアリングは正午に終了。一旦帰宅し昼食。午後事務所へ行き後援会だよりの配布作業。ご協力いただく方々に感謝申し上げご協力をお願いしている。ありがとうございます。夕方まで世話役さんのところを回る。上林も紅葉が濃くなってきた。

午後5時。車検のため自動車整備工場へ納車。Uターンし、夕食を食べ、自治会の組長会へ午後7時準備終了。午後7時半会議開催。午後8時終了。その後、綾部混声合唱団の練習へ行く。
午後9時半終了。帰宅は10時前。市民合唱祭での発表曲は「銀河鉄道の夜」「もしもしこんにちは」「雪のクリスマス」ハーモニーの美しい曲ばかりです。

今日も一日終了です。楽しい一日でした。人と人の絆や心のひだに触れる一日でした。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/12384571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2009-11-26 13:37 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)