国際公用語=英語

今朝は小学校も、運動会の振り替えで、休校。午前9時半に市議会へ。休会中だが、創政会・民政会でつくる「就学前教育PT」の全体会議。昼までみっちり意見交換した。

会議終了後3~4カ所で用事を済ませ午後1時に帰宅。昼食後しばし休憩。夜の自治会役員会の資料作り。暑い。午後7時半~9時まで自治会役員会議。自主防災訓練の評価や秋の自治会行事について協議。

精神的に疲れた。

今、国連では、安全保障理事会が開催されている。鳩山総理が出席して、日本の代表者として外交交渉を繰り広げている。これまでのように経済は1流政治は2流といわれることの無いよう、しっかりと世界に伍して日本の世界に果たす役割を主張して欲しい。

東洋人として小ばかにされないよう、英語でスピーチも良いとおもった。今日本の子ども達に英語教育の充実を図っている。国際公用語となる英語を日本人も堂々としゃべることが出来る。そんな国がこれからの国家だろう。日本は気付くのが遅かった。インドや中国・韓国の若い人々は英語がしっかりと話せる。
日本の政治家(国会議員)が英語もしゃべれないようでは、日本の子ども達への範とはならない。

国会議員ではないけれど地方議員も喋れないと。私は喋れませんが。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-09-24 23:12 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/11998438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 法に叶い、理に叶い、情に叶うもの 芸術の秋・満喫 >>