あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

公開・透明・権能強化

午前中は、産業・環境・厚生委員会が開催された。所管する委員会ではないので、出席する必要はないが、『後期高齢者医療制度』に関しての意見書案件が出されたので傍聴しようとも思ったのだが、他の用件を処理するため、午前中は自宅で事務作業。

午後1時から、議会改革委員会。議員から提出された60項目もの議会改革事項の検討のため、2班に分かれて検討することに。議会基本条例の取り扱いを巡って我が班で議論。その後、市民から議会アンケートの回答を頂戴している分195枚に関してアンケートの集計作業をする。まだ9月30日が締め切りだが、回答をいただいたものから順次集計し市民の意向を把握することに。発送してから10日で、回答率20パーセント。あと2週間。せめて、40パーセントはいってほしいが。

なぜ議会基本条例を制定するのか徹底した議論を必要としている。この条例が出来たら、基本的には、議会として一つの意見にまとまるよう議会で委員会で徹底した討論をしなければならない。

「議会は執行部の言いなりだ。」と市民から批判されることが時折ある。議会の存在意義も問われることもある。これは、議会が自ら権能を活かしていないからに他ならない。議会に与えられた、予算修正権も、条例制定権も行使したことがない。議会って本当に必要なの?
市民からは当然「市長の言いなり」だとの批判がでる。「議会が何をしているのか良く判らない」と言われる。

市長が市民から選出されているのと同じように、議員も市民から選出されて議会を形成している。なぜ市民は議員を選出するのか?市長と同じように市民のための地方自治体運営をして欲しいから、その権利が与えられている。

議会には予算編成権は無い。現在のところ、議会召集権もない。その意味では、二元代表制といっても、市長側が優位になるように制度設計されている。であるなら、せめて議会に与えられた権能をしっかりと行使し、議執行部のチェック機関としての役割を果たすことが、市民の付託にこたえることになるのではないか。

もっと議会の権能を発揮しなくてはならない。その役割を果たさないと、議会の存在意義を問われることになる。地元の道路を良くするためだけの利益誘導議員であってはならない。市の財政計画や長期総合計画に基づいて適正的確な行財政運営が行われているか、チェックしなければならない。

舞鶴市でも、京丹後市でも、福知山市でも、与謝野町でも、議会に出される議案に関して、議会で審議し、否決したり継続審議になることもありうる。

舞鶴市では市民病院に対する一般会計繰り出し金や運営方法に関して議会が否決している。福知山市もCATV網関係で議会で議論されている。与謝野町でも、3セクのリフレかやの里の運営に関して議会で否決している。京丹後市は、鳴り物入りで建設された、食品残渣のメタンガス製造施設に人糞を投入する案に対して議会がNOと言っている。大阪府議会でも,府庁移転問題で、議会の意志=府民の意志?を表明し議会で否決している。

議会と執行部との関係は、必ずしも執行部(提案者側)の提案内容が適切といえない案件もあると言うことを他市の議会の例では物語っている。

議会基本条例の内容によって、市民に議会の議決内容を市民集会で報告したり、意見交換会も定例的に行うことが出来るようにする。また、議会の権能を高めるための議決事項(地方自治法96条)の拡大なども検討事項になる。

議会基本条例をつくること自体が目的ではなく、条例を作って何をするのかと言うことだ。

キーワードは「公開と透明」「権能強化」

午後4時委員会は終了する。

午後6時綾部地区敬老会の青野町自治会と民生委員さんとの協議をするための会場設営に行き、午後6時半「ほろにがクラブ」にお邪魔し、午後7時半から敬老会の青野自治会・民生委員さんとの協議をした。50人が地区敬老会に参加される。対象者は180人近くおられるが、中丹文化会館へ行かれるのは50人。まだ70歳は現役だとおっしゃる方もあり参加者が多いのか少ないのか。それはそれで良いと思う。

午後8時半終了 帰宅。阪神が巨人にサヨナラ勝ちしていた。奥さんとスポーツ番組のはしごをして遅くなる。
これでCS(クライマックスシリーズ)出場濃厚だな~。003.gifウヒャヒャヒャ
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/11941639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2009-09-15 23:23 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)