あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

経済対策は速攻で

夏休みが始まった18日(土)大阪からの高速道路が相当込んでいたらしい。スーパーの前の駐車場には、ジェットスキーを引っ張るワゴン車が3台止まっていた。

いよいよ夏休みか~。土曜日は石原町の義弟がセットしてくれた石原絆杯ゴルフコンペに参加。9人で回る。半年に1回のゴルフ(上手くなるわけがない。そうでなくても運動神経は人並み以下なんだから。)大阪からも2人も帰ってきて参加されるくらい絆が強い。スコアは「可も無く不可も無く」の106でした。半年前だったか「永井幸喜杯」のときも、確か104だったから2回連続で、煩悩(108)を少し脱したか。

日曜日は、熊野神社の水無月大祭の準備で、川糸町や上町、新宮、並松の老人会の方々と氏子66戸が力を合わせて、夏の除草や除伐などの掃除。朝7時半から9時半まで大汗をかく。植原さんのご指導で、大きな桐の木を伐採した。

昼ごろから、旧町内の公共事業の実施状況を見て回る。いよいよ経済危機緊急対策などの工事が始まった。地方の景気対策は、公共工事がどうしても主力になる。公共工事は雇用を生んだり材料調達で、地域経済を潤す。
f0111128_133493.jpg

f0111128_1331740.jpg

本町通からJR上町踏み切りまでの市道本町並松線の脱色舗装と、上町の交差点から大本の前を通り綾部小学校までの市道野田須知山線の側溝改良と舗装工事も始まっている。この区間は、市民から「市立病院への通院にあやバス使用してこの区間を通るが道が悪い」と市民から苦情の電話が入る区間。10日ほど前から交通規制がされていたが、いよいよ本格工事に着手されていた。
f0111128_1335261.jpg

綾部小学校も、1学期が終了した17日午後には校庭にフェンスが張られ、今朝見たら玄関横も通行止めとなっていた。いよいよ学校耐震化工事が本格化。公共事業は経済効果が薄いと批判されるが、裾野が広い産業だから、地方にとっての経済効果は大きいとおもわれる。
f0111128_1333745.jpg
f0111128_1345586.jpg

綾部中学校は、6月議会で設計費を可決した。市のHPによると、入札の結果、設計業者も決まったようだ。9月議会か12月議会で工事費の予算が議会へ提案されるだろう。
f0111128_1362944.jpg

民主党の岡田代表は、サンデープロジェクトで公共事業を3分の1に減らすといっている。公共事業が無くなれば、地方の建設業は大打撃になるだろう。公務員の人件費も20パーセント削減といっているけれど、公務員労働組合も民主党さんの支持者だし、「いいのかな~?民主党で」といいたいけれど、自民党は駄目だ駄目だといっている多くの国民。そして変革と言う新しい政治を求める国民のの期待を民主党はちゃんと受け止められるのだろうか?国民も民主党の言っていることがうわべだけでなくちゃんと実行してくれるのか厳しい目が向けられるだろう。

「言葉」や「文字」は必ずしも正確に伝えているとは限らない。例えば、新聞にしても、インターネットでも、作者の意思や思想が出ている。毎朝放送される4チャンネルの「みのもんたの朝ズバ!」が良い例だ。一方的な編集者と司会のみのもんたや解説者の一方的なコメント」要はどの角度で物ごとを捉えるかによって、物事の見方によって表現は大きく異なる。だから情報を受け取る側は、天障院篤姫ではないけれど「片方聞いて沙汰するな」の見識が必要だ。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/11554488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2009-07-19 12:52 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)