あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

己を省みる

もの思へば沢のほたるもわが身より
 あくがれ出づるたまかとぞ見る  和泉式部

五月雨が降るころ、雲が低くたれ込め、月明かりのない夜が続きます。五月闇だそうです。その闇の水辺に舞うのが蛍です。蛍の光が美しいものとして称賛するのは日本文化の特徴だそうです。(淡交タイムス表紙から)

井倉のYさんが井倉の水路にも蛍が乱舞するようになった。と言っておられたとか。住宅地にも蛍が飛ぶようになれば自然も少しは戻ってきたのかも。

1日は、午前中6月補正予算審議。3中学校の体育館設計費など。予算審査は30分で終了。その後民政会創政会で合同会議。遅昼になった。その後2時まで建設部長と協議。3時陽気屋さんへ行き色々お話し。夕方雨が降ってきたので、そのときに出た市道の水溜りの改良箇所を調査に回る。

2日は、午後から議会運営委員会。明日の本会議採決の手順の協議や予算の追加補正で、会期を4日延長し予算委員会を6日、本会議を7日に開催することを取り決める。続いて市長から国の緊急経済対策予算の追加提案の説明。その後、9月議会の日程協議。午後3時に会議は終了。その後帰宅し、商工会議所の補助事業の申請書類を作成する。7月4日の西町寄席の補助を貰うべく申請書類を作成。

夜は、綾部踊り保存会の会議があったが、綾部混声合唱団を2回もサボっており、そちらへ行く。綾部踊りは9日に綾部小学校の子ども達に綾部踊りを教えるので、そちらで合流することに。

裏千家坐忘斎家元が淡交タイムズ巻頭の挨拶で『己を省みる」と題して書かれている。
「人の世は”マナー”そして”心がけ”の世界。その謙虚な気持ちを忘れずに常に己を省みることが、自分自身を前に進めてくれるのではないでしょうか。お一人おひとりがそのような心がけを大切にしてこそ、茶の湯も豊かなものになるのです。」

人の世は、マナーと心がけの世界。マナーは常に「己を省みること」が必要です。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/11440414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2009-07-03 00:01 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)