地方分権時代の都市計画

5月29日
朝8時市役所へ。8時半から議会運営委員会。8時半までに議案に対する賛成反対討論はなし。
昨日から川北議会運営委員長が欠席のため、私が委員長に代わって会議進行させていただく。

議案審査結果の報告。北朝鮮抗議決議に関すること、今日の議会のスケジュール協議など。15分で終了。
午前9時から全員協議会(進行は議長)。北朝鮮抗議決議を本会議で採決する旨全議員に説明全議員了解

午前9時半本会議。委員長から委員会報告の後。採決。やはり市税条例改正に専決処分に対する反対が4人から出る。多数決で可決。

その他は全員一致で可決。

議会は午前10時終了。

午前10時30分から都市計画審議会。長らく開会されていなかった都市計画審議会。
由良龍文商工会議所会頭を審議会長に選任。職務代理は、農業委員会長の大島幸雄さんが指名を受ける。

正副委員長以外の審議会委員は、
学識経験者として行政書士会から山口雅之さん、宅地建物取引業協会から中尾義人さん、
市民代表(連合自治会長)梅原昇さん、元コンサル社員の相根一雄さん、
関係行政機関職員から、国土交通省福知山河川国道事務所長の田中貢さん、京都府中丹広域振興局建設部中丹東土木事務所長の田中雅和さん、綾部警察署長の江蔵光雄さん。
そして、市議会議員から高橋輝議員、堀口達也議員、私、安藤和明が委嘱を受けた。

市議は本来市の審議会委員には就任しないこととなっているが、都市計画法により定められているので、例外的に委員に就任することになっている。

今日の会議は、諮問はなく国の動向や綾部市の現状説明を受ける。
各委員から活発な意見が出され、12時に会議終了。意見表明しても特に縛りもないので、これからが審議会委員一人一人の責任と力量が試される。責任重大な委員だと思う。

12時からは、了円寺顕本婦人会の総会。約40人ご参加のご婦人部会員さんに、日ごろのお礼を申し上げ、その後昼食会。役員さんのダンスやカラオケ披露、ビンゴゲームなど午後3時まで楽しく過ごさせていただく。

その後、お寺の上人さんが55年にわたって収集された柱時計のコレクションを見せてもらう。「時計の館」ができた。いずれ西町の名所になるような気がする。

その後、浄敬上人ととても夢のある楽しい話ができた。さすがに神戸での実績がある。早速電話1本でセットアップ。後は準備だけ。発想は夢の話から始まる。そして企画・準備・実行。昨年は鬼子母神名物「朝顔市」に取り組んだ。江戸の名物は「入谷の鬼子母神」「朝顔市」了円寺の鬼子母神も西の鬼子母神といわれるほどにしたい。定着までは石の上にも3年。そして、今年はそれに加えてもっと大きくする取り組みが。乞うご期待。これも西町の賑わい作りに繋がるだろう。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-05-30 10:28 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/11187496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 平和の評価 単視眼的では >>