3月市議会開会

f0111128_19163656.jpg
桃の節句。 昨年までずっと段飾りのひな壇を作ってきたが、ついに親王飾りでこらえてもらった。それでも、飾らなくすると、何かあったらと、やはり遅がけでも飾ろうと納戸からごそごそ出してきた。(もう一つの箱の中から「俺達も出してくれー」と五人囃子や三人官女、仕丁や隋臣の声が聞こえてきているような気もする)

今日から平成21年3月市議会が開会。それでも、子ども見守り隊だけはいつもどおり。
午前九時から部屋会議。しかし、既に議会運営委員会の概要は055.gifで送付済み。以前は、議運の資料も貰わずに報告を聞くだけで「聞きたくなくなっちゃうよー。」てな訳で、事前に概要をメールすると共に、当日は議運委のサーキュレーターをコピーして会派のメンバー全員に配布。みんなー一緒です。

午前9時半から全員協議会。本会議に上程される人事案件を執行部(市長他)が説明。「審議をお願いします」と説明。議案上程の確認。9時45分から本会議開会。

教育委員に山田昭 元綾部中学校校長先生が就任された。平成15年度のPTA役員で一緒に綾部中学校改革を進めてきた。先生の穏やかかつ冷静・行動力の素早さ。本当に円滑に中学校保護者活動が出来た。あの行動力と分析力で教育行政を円滑に進めていっていただけると思う。大変嬉しい。

市長から平成21年度の当初予算に関する施政方針演説。教育委員長からも今年から初めて、教育方針演説がされ、当初予算案など34議案の審議が開始された。

 定額給付金に関する関連予算が計上されている平成20年度一般会計補正予算案に関してのみ、午後1時から予算委員会が開催される。定額給付金の支給スケジュールやプレミアム商品券に関する内容の質疑など約3時間質疑応答。

午後4時議員間の意見調整。

今回綾部市の補正予算に計上されている緊急経済対策は、
①子育て応援特別手当支給事業     1800万円
②定額給付金支給事業         6億2600万円
③里山交流研修センター屋根改修   1700万円
④福祉ホール屋根改修事業         500万円
⑤道路改修事業               5200万円
⑥プレミアム商品券交付          3000万円
⑦桜が丘団地公園整備事業       1600万円
⑧古川樋門改修事業費          2620万円
⑨宮代市営住宅結露防止工事     15300万円
⑩地域振興基金への積み立て      7200万円
⑪介護従事者処遇改善臨時特例基金積み立て  2590万円
総額9億5百万円の生活対策や雇用対策など国の第2次補正予算に基づいた綾部市関連の補正予算だ。

今、綾部市内は本当に厳しい経済に晒されている。。商店街も働く人たちも明日の不安に怯えている。

工場は金曜日から3日間の一時帰休。いつまで続くのか不安だ。と話される人。定額給付金を早く欲しいと話されるお年より。

予算委員会は、全会一致で提案どおり補正予算案を可決した。

通常はこの補正予算。およそ2週間後に審議されるが、今回だけは早く通して市民への定額給付事務を急ぎたい。執行部の要請もある。急いで審議し可決した。明日はこの補正予算に関して「討論通告」の締切。締め切りは正午。討論通告がなければ、ただちに議会運営委員会を開催し、午後1時から本会議を開催。予算委員長の報告に続き採決。ほぼ今日の質疑では、国会で反対している党派の方々も反対はされないだろう。

午後4時半 予算委員会は終了。明日の本会議開会時間に関して「道理」にかなったご意見があり、明日午後1時から本会議開会で最終調整。午後5時半帰宅。

夜に榊原さんが来訪。宗教談義に花が咲いた。人を変えるには自分の心の中を見つめることから始まるのか。
f0111128_21272571.jpg

家ではすっかり3月の飾りに。春とは言っても寒い。
f0111128_21273920.jpg

[PR]

by ando-ayabe | 2009-03-03 21:24 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/10480501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 政治不信 御輿の値打ち >>