ボトムアップ?トップダウン?

毎朝の子ども見守り隊へ。
午前10時前に市議会へ。今日は、創政会・民政会で組織する「就学前教育PT」の会議。議会で政策議論することはとても良いことです。議員の政策形成能力がどんどんUPすることにつながります。

行政職員は、どうしても今の制度維持が精一杯で、なかなか自らが改革に取り組むなんてことは、多セクションに渡ることなどは特に無理なことなのでしょう。ジレンマに陥る職員もいることはいるのだろうけれど、多くの人が関わるとどうしてもセクショナリズムが出てしまうのは無理からぬこと。組織内改革は誰が言い出すの?って。特に今のようにトップダウンの勢いが強い体制では、ボトムアップの組織風土は生まれないだろう。と言っても、小さな自治体ではトップダウンは致し方ないと思うし、ボトムアップの組織風土では、よっしゃよっしゃの会長的な組織風土になって改革的な組織風土にならないとも言われている。しねー。難しいところかなー。

午前中は歯切れの良い司会進行で議論もほどほどに出た。皆さん積極的な議論参加。
午後0時30分から会派の会議。議会改革の提案を16日が締め切りだったので、改革項目を取りまとめ、会派の皆さんに提示。了解!!と言うことで、事務局へ055.gif

午後1時半から14日の谷垣代議士の農林懇談会にご協力いただいた団体へお礼のご挨拶。
沢山の方々にご協力いただいた。

雪が降り出した。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-02-16 20:21 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/10372335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 小村寿太郎が見ていたら 文化の継承 >>