ニュースポーツ

2月11日 建国記念日 

はなみちて うす紅梅と なりにけり  尭台
f0111128_01703.jpg

市民センター横の熊野神社のはや紅梅は盛りになってきた。
「天皇陛下御在位20年を奉祝する京都府北部府民の集い」に参加。約600人の京都府北部市民の皆さんが天皇陛下の御在位をお祝いする。元気で引き続き国事に就かれることをお祈りすると共に、日本人の誇りの象徴・万世一系の皇統を護持していかねばならないと改めて認識する。

何故天皇が必要かと言うのはブログでもいつも主張していることなので詳しくは書かない。日本会議の芦田さんをはじめスタッフの皆さんに、よくぞ北部でこれだけのことをされたと敬意と感謝を申し上げます。

懇親・交流会も開かれ参加した。いやしいおなかがバイキングを良いことにどんどんお腹に放り込む。食べ過ぎた。

12日に母校で在校生に先輩としてのアドバイスをするとかで、久しぶりに娘が帰郷。
夕食は家族3人でキムチ鍋。夕方のお腹は夜になると先ほど放り込んだことを忘れてしまうらしい。いけないなー

2月12日 体重に反応。76.5kg 昨日の4食がいけなかった。
朝久しぶりに見守り隊へ。3日ぶり。午前9時半。青野町の檀家さんのお葬式へ。父がお世話になった。午前10時から議会の会派代表者会議。2件の協議。1件はFMいかるの報道番組に特定の議員の議会質疑の模様を声を流すことの了解について。テレビでも国会議員の質疑がVTRなどでいつでもいくらでも流されている。何の問題があるのだろう。誰に気を使っているのか分けが判らない。会派の代表者を参集させるほどの事柄なのだろうか。

もう1件は、議員年金が市町村合併で、危機に陥っている。市町村議員数が激減する反面、受給対象者が激増。年金原資が枯渇寸前と言う。それで、今後どうするのかについての協議の経過報告。

①議員は、厚生年金や国民年金以外に3期12年勤めれば年額100万円の議員年金を通常の国民年金や厚生年金のほかに受け取ることが出来る。
②原資は、議員自身の掛け金(議員歳費の16パーセントを天引き)と国・地方自治体の負担金で議員年金を運営している。

 しかし先述のように、原資が枯渇してきた。今更 税の負担を増やすのは市民・国民の合意が得られない。これは常識。
 市町村議員の年金は昨年度およそ年間184億円の赤字。ここ数年単年度赤字が続いており、基金は現在500億円。単純計算しても、毎年200億円近い赤字を出しているのだから、あと3年で基金は底をつき赤字補てんの原資も無くなる。早急に方向を出すことが求められている。存続か廃止か。受給対象者はどんどん増加する。合併と議員定数削減で年金掛金の納付者や税の負担金は減少する。既に年金財政は破綻寸前。国民年金や厚生年金より深刻だ。

私の考えは、
①現行の給付水準の維持は困難で一定期間を経て廃止すること。
②全ての受給権利者に一時金を支給すること。現行の掛け金制度は退職慰労金積み立て制度に改める。自治体の負担は止める事。同時に首長など執行部の高額退職金も見直すこと。
③これ以上の掛け金UPは絶対反対。これ以上の自治体・国家負担も反対。
④理想は、年金期間を通算することで、他の制度と合流することだが、それとて、既に他の年金制度と別立てになっている現制度では通算もしてはくれまい。

「議員だけが他の年金に上乗せして年金がもらえるのか」と言う批判も国民の間にはある。現実には、現職議員は相当高い掛け金をして、年金受給者を支えている。加入者の負担と同額を税金で負担している。
 
 現行制度の維持は不可能に近い。しかし現在受給している人は年金受給をあてにしている。あるいは、もう少しで貰える人もいるだろう。若い議員は、3期12年たっても受給年齢未満だと受給できない。そのうちに制度がなくなることにもなる。

 できるだけ速やかに受給額を下げ、持続可能な制度とするか、全ての受給対象者に一時金を支払い、制度の終結をするべきではないか。また、議員年金を退職時慰労金のようにして退職金の代わりにしてはどうか。

同じ選挙で選ばれる首長など執行部は任期の4年ごとに、きわめて高額な退職金を受給している現状も改革する必要がある。

 午前11時。夏の地域懇談会の要望事項を取りまとめ、綾部市へ要望していたが、回答してもらうことになり、副市長以下で対応していただく。200項目にもわたる要望事項。市民の切実な要望に一つ一つ丁寧に回答いただいた。厳しい財政の中、直ぐに実現するものばかりではないけれど、丁寧な説明があると、もう少し辛抱しようかと言うことにもなる。今後ともそんな市政を進めたい。
f0111128_031428.jpg

職員食堂で昼食後、サポステで麻理子議員と協議。午後1時過ぎから綾部公民館「ニュースポーツ教室」へ。女性講座の皆さんも参加していただき楽しい教室となった。広報担当として取材に行く。1時間ニュースポーツにはまってしまった。
f0111128_223592.jpg
f0111128_2231981.jpg

f0111128_2234663.jpg

午後3時30分 奥上林の市芽野・大唐内の定住促進住宅の内覧会へ行く。自然にマッチした良い建物だった。もう少しすると入居されると聞く。早く地域になじんで地域活性化の一助となって欲しい。
f0111128_2241778.jpg
f0111128_2243438.jpg

まだ雪が残っていたが、「チロチロ」と雪解けの音がした。「水源の里」の春は近い。
f0111128_2261584.jpg

夕方5時前。帰宅前の白瀬橋から西の空を写す。「黄砂?」春は本当に近い。
f0111128_2263254.jpg











 
[PR]

by ando-ayabe | 2009-02-12 22:04 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/10342922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< もう直ぐ春ですね~♪ 議会の必要性 >>